VRビジネス調査報告書2018 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのVRビジネス調査報告書2018無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。エンターテインメントに限らず、VRの業務での活用が進み始めています。企業の研修やトレーニング、設計・デザイン、不動産の内見など、BtoB、BtoBtoCのどちらでも様々な分野で活用し、業務の課題解決、生産効率の向上、顧客満足度の向上等への取組が始められています。本報告書は、このVRのビジネス活用に焦点をあてて、市場の全体動向、産業別の動向、関連企業の動向、消費者の体験状況などを多角的に調査しまとめたものです。第1章「VR市場の概要」では、VRの定義やデバイス、配信プラットフォームなどの基本を解説した上で、VRの業務活用の現状、市場規模、課題、今後の展望について解説します。第2章「産業分野別の現状と展望」では、「建設・不動産」「製造業」から「周辺サービス」までの12分野のそれぞれの用途別に、現況、メリット、主なプレイヤーやサービス、課題についてまとめています。また、幾つかの用途については、市場成長性も掲載しています。第3章「企業動向」では、VRに関連する代表的な企業や特徴的な企業について、取組概要や今後の展望を掲載しています。第4章「VR体験に関するユーザー調査」ではモバイルユーザーに対して実施したアンケート調査の結果を掲載しています。約1万に対してVRの認知度や使用の経験を聞くとともに、実際にVRを体験した約1000人に対しては、体験した場所や内容、満足度、所有するデバイスや購入意向、さらには勤務先での業務活用の可能性などについて、まとめています。第5章「主要なVR/MR/ARデバイス」では、デバイスをハイエンド、スタンドアローン、モバイルハイエンド、モバイルローエンド、MR、ARに区分して、計16機種について解説しています。



VRビジネス調査報告書2018無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


VRビジネス調査報告書2018詳細はコチラから



VRビジネス調査報告書2018


>>>VRビジネス調査報告書2018のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



最近の無料アニメ動画は、スマホでも視聴することができます。今の時代は30代40代のアニメオタクも増加していることから、これからなお一層発展していくサービスだと思われます。
電子書籍を買い求めるというのは、オンライン経由で情報を得るということを意味するわけです。サイトが閉じられてしまうようなことがあると利用できなくなるのは必至なので、何としても比較してから安心して利用できるサイトをチョイスしましょう。
頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトが重宝するでしょう。買うのも超簡単ですし、最新本を買いたいということで、労力をかけてショップで事前予約することも要されなくなります。
様々なジャンルの本を多数読むというビブリオマニアにとって、あれこれ購入するのは金銭面での負担が大きいのではないでしょうか?しかし読み放題プランなら、書籍購入代金を抑制することも適うのです。
サービスの充実度は、各社異なります。ですので、電子書籍をどこで買い求めることにするのかは、比較してから結論を出すべきだと言えるのです。簡単に決定すると後悔します。




VRビジネス調査報告書2018の情報

                    
作者名 VRビジネス調査報告書2018
VRビジネス調査報告書2018ジャンル 本・雑誌・コミック
VRビジネス調査報告書2018詳細 VRビジネス調査報告書2018(コチラクリック)
VRビジネス調査報告書2018価格(税込) 73440
獲得Tポイント VRビジネス調査報告書2018(コチラクリック)


ページの先頭へ