内務省 名門官庁はなぜ解体されたか 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの内務省 名門官庁はなぜ解体されたか無料サンプル&試し読み


明治六年(1873)初代内務卿大久保利通のもとに創設されて以来、敗戦後の昭和二十二年(1947)十二月アメリカ占領軍によって解体されるまで、大蔵省と並び立って霞ケ関に君臨した名門官庁・内務省の実像。当時「政策は大蔵省、政府は内務省」といわれて絶大な権力を誇った内務省は、現在の総務省、国土交通省、厚生労働省、警察庁をあわせた巨大な権限をもちながら、きわめて簡素な行政機構と効率的な地方行政を実現していた。「国の国たるゆえんのもと」として明治国家に不可欠の行政機構だった内務省が、なぜ占領によって解体されたのか。その実力ゆえに今日も評価の揺れる「怪物官庁」の実態を、行政機構研究の第一人者が冷静な分析によって明らかにする。序章・内務省の亡霊、第一章・内務省解体、第二章・大久保利通以来の名門、第三章・府県知事というもの、第四章・警察、第五章・社会行政など、終章・ふたたび、内務省とは何だったか。



内務省 名門官庁はなぜ解体されたか無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


内務省 名門官庁はなぜ解体されたか詳細はコチラから



内務省 名門官庁はなぜ解体されたか


>>>内務省 名門官庁はなぜ解体されたかのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



毎日のように最新作品が配信されるので、どれだけ読もうとも読むべき漫画がなくなる心配は不要というのがコミックサイトの強みです。書店には置いていないような少し前の作品もそろっています。
BookLive「内務省 名門官庁はなぜ解体されたか」を使えば、家の一室に本棚のスペースを確保することは不要になります。新しい本が出るタイミングで書店へ行く必要も無くなります。こうした特長から、使用する人が増え続けているのです。
本離れが出版社の頭を悩ませていますが、電子書籍は新たな販売方法を展開することで、新規利用者を増加させているのです。画期的な読み放題という形式が数多くの人に支持されたのです。
ネットにある本の通販サイトでは、概ねタイトルなどに加えて、大ざっぱな内容しか見ることができないわけです。しかしながらBookLive「内務省 名門官庁はなぜ解体されたか」サイトであれば、数ページを試し読みで確かめることが可能です。
お金にならない無料漫画を敢えて読めるようにすることで、訪問者を増やし利益増に繋げるのが業者にとっての目論みですが、一方の利用者側からしても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。




内務省 名門官庁はなぜ解体されたかの情報

                    
作者名 内務省 名門官庁はなぜ解体されたか
内務省 名門官庁はなぜ解体されたかジャンル 本・雑誌・コミック
内務省 名門官庁はなぜ解体されたか詳細 内務省 名門官庁はなぜ解体されたか(コチラクリック)
内務省 名門官庁はなぜ解体されたか価格(税込) 600
獲得Tポイント 内務省 名門官庁はなぜ解体されたか(コチラクリック)


ページの先頭へ