鬼談 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの鬼談無料サンプル&試し読み


愛、絆、情、欲。執着の虜となった者たちを描く、京極小説の神髄!藩の剣術指南役を仰せつかる桐生家に生まれた作之進には、右腕がない。物心付いた時には、もうなかったのだ。二の腕の途中から、すっぱりとない。これが普通だこういうものなのだと、ずっとそう思っていた。元服の夜、作之進は父に呼び出された。そして父は――厳かに言った。「お前の腕を斬ったのは儂だ」一方、柔らかで幸福な家庭で暮らす「私」は、何故か、弟を見ていると自分の中に真っ黒な何かが涌くのを感じていた。ある日、私は見てしまう。幼い弟の右腕を掴み、表情の無い顔で見下ろす父を。そして父は、「これだよなあ」と、暗い声で言ったのだった――。過去と現在が奇妙に交錯する「鬼縁」ほか、<人と鬼>の狭間を漂う者たちを描いた全9篇。<解説/東雅夫>



鬼談無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


鬼談詳細はコチラから



鬼談


>>>鬼談のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



無料コミックは、スマホを持っていれば読むことができるのです。外出しているとき、昼休み、クリニックなどでの待っている時間など、自由なタイミングで超簡単に読めます。
「自分の部屋に置きたくない」、「持っていることだって隠しておきたい」と恥じ入る漫画でも、BookLive「鬼談」を上手く使えば自分以外の人に気兼ねせずに購読できます。
漫画の虫だという人にとって、収蔵品としての単行本は貴重だということは承知しているつもりですが、手軽に楽しみたいという人だとすれば、スマホで楽しむことができるBookLive「鬼談」の方が断然便利だと言えます。
余計なものは持たないという考え方が大勢の人に受け入れてもらえるようになった今日この頃、本も例外でなく印刷した実物として持つことなく、BookLive「鬼談」を経由して楽しむ人が拡大しています。
決まった月極め金額を入金すれば、多岐にわたる書籍を心置きなく閲覧することができるという読み放題コースが電子書籍で広がりを見せています。一冊ずつ購入しなくても読めるのが人気の秘密です。




鬼談の情報

                    
作者名 鬼談
鬼談ジャンル 本・雑誌・コミック
鬼談詳細 鬼談(コチラクリック)
鬼談価格(税込) 604
獲得Tポイント 鬼談(コチラクリック)


ページの先頭へ