15回目の昨日 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの15回目の昨日無料サンプル&試し読み


15回目の過去に戻る。あなたのいない世界をつくるために――。“過去”と“未来”が交錯するサスペンス!国際スリラー作家協会最優秀YA賞受賞作!これは始まりにすぎないとわかっていた。過去の十四人のわたしが経験したタイムトラベルを、わたし自身はまだ経験していないけれど、これからなにが起きるのかはいやというほど聞かされている。地下深くに作られた、トラックが走れるくらい太い数キロメートルもの長さのパイプのなかを回転する粒子は、やがて光に近い速度で衝突を始める。強烈なその衝撃が時間にひびを入れるのだ。 不意に恐ろしくなった。わたしの理解を超えるこの装置のことではない。怖いのは、時間を越えたあとでしなくてはならないことだ。――本文より抜粋目覚めると、少女エムは傷だらけの体で独房に繋がれていた。排水口の奥には見覚えのない自筆のメモ。15行のリストの最終行には、ある人物の抹殺が指示されていた。対象者は天才科学者ジェームズ。メモによれば、これまで14回、過去に戻り未来を変えようとしたが失敗し、残された最後の手段はジェームズを――初恋の彼を殺すことだという。エムは意を決し、時のうねりに飛び込んだ。



15回目の昨日無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


15回目の昨日詳細はコチラから



15回目の昨日


>>>15回目の昨日のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



月額の利用料が固定のサイト、登録の必要なく使えるサイト、1巻ずつ購入するタイプのサイト、無料で読める漫画が充実しているサイトなど、コミックサイトも各々違いがありますので、比較した方が良いでしょう。
スマホで閲覧することができるBookLive「15回目の昨日」は、お出かけ時の持ち物を軽くするのに役立つと言っていいでしょう。カバンの中などに何冊も本を詰めて持ち運ぶようなことをせずとも、いつでも漫画を読むことが可能です。
テレビにて放映されているものをリアルタイムで視聴するのは面倒臭いという人でも、無料アニメ動画という形で視聴できるものなら、各自の空いている時間を活用して見ることができます。
BookLive「15回目の昨日」を堪能するなら、スマホが便利です。パソコンは重たいので持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットも混み合った電車内などで読むという場合には、大きすぎて邪魔になると考えられるからです。
「ここにあるすべての本が読み放題だとしたら良いのに・・・」という漫画好きの声を聞き入れる形で、「月額料金を支払えば購入の度に決済しなくてよい」というスタイルの電子書籍が登場したのです。




15回目の昨日の情報

                    
作者名 15回目の昨日
15回目の昨日ジャンル 本・雑誌・コミック
15回目の昨日詳細 15回目の昨日(コチラクリック)
15回目の昨日価格(税込) 972
獲得Tポイント 15回目の昨日(コチラクリック)


ページの先頭へ