ここは、おしまいの地 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのここは、おしまいの地無料サンプル&試し読み


スーパーの鮮魚コーナーを物色していた父が、一匹八十円と書かれた蟹を見て「虫より安いじゃねえか」と呟いた。『夫のちんぽが入らない』から1年。“ちょっと変わった”人生のかけらを集めた自伝的エッセイがついに書籍化!著者の実話を描いた私小説『夫のちんぽが入らない』。その衝撃の関係性が口コミで瞬く間に広まり、2017年1月の発売からいままでで13万部(2017年12月現在)に到達し、異色のデビューとなった。主婦こだまの満を持してのデビュー2作目は、『Quick Japan』誌上で掲載した読み切りと連載「Orphans」をもとに改稿した短編集。家族や職場、これまで経験してきた著者の半生を描く。何もない“おしまいの地”に生まれた実家は空き巣に何度も入られ、訪問販売の餌食だったこと。中学の卒業文集で「早死しそうな人」「秘密の多そうな人」ランキングで1位を獲得したこと。引越し業者でさえ「これは最強っすね」と袖口で鼻を押さえながら言ってくる「臭すぎる新居」での夫との生活。生まれ持った気質なのか、見事なまでに災難に巻き込まれる“おしまいの地”での出来事。歌広場淳(ゴールデンボンバー)推薦文:「この本を読んでおじいちゃんが事故に遭う場面で爆笑してしまいました。これじゃ僕が酷い人みたいじゃないですか。こだまさん、ほんと勘弁してください。」



ここは、おしまいの地無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ここは、おしまいの地詳細はコチラから



ここは、おしまいの地


>>>ここは、おしまいの地のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画や書籍を買い集めていくと、後々保管に苦労するという問題が発生します。だけどBookLive「ここは、おしまいの地」なら、しまう場所に困ることがあり得ないので、収納などを考えることなく楽しめるというわけです。
漫画と言えば、「若者を対象としたもの」だと思っているのではありませんか?だけれど昨今のBookLive「ここは、おしまいの地」には、中年層の方が「10代の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品もたくさんあります。
幼少時代に沢山読んだ思い入れの強い漫画も、BookLive「ここは、おしまいの地」という形で販売されています。普通の本屋では取り扱っていない作品も揃っているのが良いところなのです。
常々たくさん漫画を読むという人からすれば、毎月決まった料金を支払うことで何冊であろうとも読み放題という形で楽しめるというシステムは、まさしく革新的と言えるでしょう。
毎回本屋まで行くのはとても手間暇が掛かります。だとしても、一気に買うというのは退屈な内容だったときの金銭的なダメージが甚大です。BookLive「ここは、おしまいの地」は欲しい分だけ買えるので、その点心配無用だと言えます。




ここは、おしまいの地の情報

                    
作者名 ここは、おしまいの地
ここは、おしまいの地ジャンル 本・雑誌・コミック
ここは、おしまいの地詳細 ここは、おしまいの地(コチラクリック)
ここは、おしまいの地価格(税込) 1296
獲得Tポイント ここは、おしまいの地(コチラクリック)


ページの先頭へ