極夜行 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの極夜行無料サンプル&試し読み


探検家にとっていまや、世界中どこを探しても“未知の空間”を見つけることは難しい。大学時代から、様々な未知の空間を追い求めて旅をしてきた角幡唯介は、この数年冬になると北極に出かけていた。そこには、極夜という暗闇に閉ざされた未知の空間があるからだ。極夜――「それは太陽が地平線の下に沈んで姿を見せない、長い、長い漆黒の夜である。そして、その漆黒の夜は場所によっては3カ月から4カ月、極端な場所では半年も続くところもある」(本文より)。彼は、そこに行って、太陽を見ない数カ月を過ごした時、自分が何を思い、どのように変化するのかを知りたかった。その行為はまだ誰も成し遂げていない“未知”の探検といってよかった。シオラパルクという世界最北の小さな村に暮らす人々と交流し、力を貸してもらい、氷が張るとひとりで数十キロの橇を引いて探検に出た。相棒となる犬を一匹連れて。本番の「極夜の探検」をするには周到な準備が必要だった。それに3年を費やした。この文明の時代に、GPSを持たないと決めた探検家は、六分儀という天測により自分の位置を計る道具を用いたため、その実験や犬と自分の食料をあらかじめ数カ所に運んでおくデポ作業など、一年ずつ準備を積み上げていく必要があった。そしていよいよ迎えた本番。2016年~2017年の冬。ひたすら暗闇の中、ブリザードと戦い、食料が不足し、迷子になり……、アクシデントは続いた。果たして4カ月後、極夜が明けた時、彼はひとり太陽を目にして何を感じたのか。足かけ4年にわたるプロジェクトはどういう結末を迎えたのか。読む者も暗闇世界に引き込まれ、太陽を渇望するような不思議な体験ができるのは、ノンフィクション界のトップランナーである筆者だからこそのなせる業である。【目次】東京医科歯科大学附属病院分娩室最北の村風の巨瀑ポラリス神の発見闇迷路笑う月極夜の内院浮遊発光体との遭遇曙光極夜の延長戦太陽



極夜行無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


極夜行詳細はコチラから



極夜行


>>>極夜行のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「ここに陳列されているすべての漫画が読み放題だったら、どんなに素晴らしいだろう」という利用者の発想を聞き入れる形で、「固定料金を払えば1回1回の支払いは不要」という形の電子書籍が登場したのです。
お店では軽く読むのも後ろめたさを感じるような漫画であったとしても、無料漫画コンテンツのある電子書籍なら、好みに合うかをよく確かめた上で購入を決めることができるので、後悔することがほとんどありません。
「電子書籍はどうも苦手だ」と言うビブリオマニアも多数いるようですが、スマホを使って1回でも電子書籍を読むと、その扱いやすさや購入のシンプルさからどっぷりハマる人が多く見られます。
CDをお試し視聴してから購入するように、漫画だって試し読みした後に買い求めるのがきわめて一般的になってきたように思われます。無料コミックを活用して、読みたいと思っていた漫画を探し当ててみてもいいでしょう。
現在進行形で連載されている漫画は複数冊をまとめて買うことになりますから、最初に無料漫画でチョイ読みするという人が目立ちます。やはりその場で漫画を買うのはハードルが高いのでしょう。




極夜行の情報

                    
作者名 極夜行
極夜行ジャンル 本・雑誌・コミック
極夜行詳細 極夜行(コチラクリック)
極夜行価格(税込) 1500
獲得Tポイント 極夜行(コチラクリック)


ページの先頭へ