河のほとりで 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの河のほとりで無料サンプル&試し読み


惜しまれつつ亡くなった著者の最後のエッセイ集。透徹した眼力と豊かな想像力で敗者の歴史を丁寧に掬い取った珠玉の名篇。臨在の「済」の字には「河の渡し場」という意味がある。中国、唐末の僧・義玄は、現在の河北省の河に臨む場所に臨在院を建てて禅を広めたことから臨在禅師とよばれたという。臨在は「河のほとり」とも読めるのだ。著者の地元の九州、西日本新聞に連載された「河のほとりで」を中心に、西郷隆盛、武田勝頼、真田幸村(信繁)、源実朝ら悲運に倒れた歴史上の人々や、司馬遼太郎、藤沢周平から松本清張まで先達の作家たちを縦横に論じ、山本兼一、安部龍太郎、青山文平、佐藤賢一、澤田瞳子ら大時代作家の文庫解説でエールを送る。著者の人柄が偲ばれる鋭くも優しい文章たち。



河のほとりで無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


河のほとりで詳細はコチラから



河のほとりで


>>>河のほとりでのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「連載ものになっている漫画が読みたい」という人には無用なものです。でも単行本出版まで待って手に入れるとおっしゃる方にとっては、事前に無料漫画で内容をリサーチできるというのは、正に待ち望んでいたことではないでしょうか?
「あれこれ比較せずに選定してしまった」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも同じようなものという考えを持っているのかもしれないですが、サービスの詳細な中身については運営会社毎に異なりますので、比較検証することは肝要だと言えます。
昨今、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というプランが登場し注目を集めています。1冊ごとにいくらというのではなく、月々いくらという課金方法を採っているわけです。
ショップでは、展示スペースの関係で並べられる本の数に限度がありますが、BookLive「河のほとりで」のような仮想書店ではこの手の制限をする必要がなく、マイナーなコミックも取り扱えるというわけです。
スマホが1台あれば、BookLive「河のほとりで」を時間を気にすることなく楽しむことができます。ベッドに横たわって、眠りに就くまでのリラックスタイムに満喫するという人が多いのだそうです。




河のほとりでの情報

                    
作者名 河のほとりで
河のほとりでジャンル 本・雑誌・コミック
河のほとりで詳細 河のほとりで(コチラクリック)
河のほとりで価格(税込) 660
獲得Tポイント 河のほとりで(コチラクリック)


ページの先頭へ