【合本版】竜の卵を拾いまして 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの【合本版】竜の卵を拾いまして無料サンプル&試し読み


「なんだか重いし……熱い……?」朝食のオムレツを作ろうと、いつものように卵を割ったシェイラ。でもその中から出てきたのは、赤いうろこに覆われた火竜の子供で!? 貴重な生き物である竜がどうしてこんなところに? 不思議に思いながらも一人ではどうにもできないシェイラは、竜の子を保護してもらおうと王城を訪れる。けれど竜の子に懐かれてしまったシェイラは、火竜のソウマや彼のパートナーであるアウラットの助けをかりて、親代わりとして育てることになり――!?  竜を愛する少女と少女を愛する竜たちの、子育てファンタジー! 第1回アリアンローズ新人賞「読者賞」受賞作登場!※本作品は『竜の卵を拾いまして』シリーズ全巻を1冊に収録しております。



【合本版】竜の卵を拾いまして無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


【合本版】竜の卵を拾いまして詳細はコチラから



【合本版】竜の卵を拾いまして


>>>【合本版】竜の卵を拾いましてのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画好き人口の数は、だいぶ前から減っているというのが実際のところです。他社と同じようなマーケティングは見直して、集客力のある無料漫画などを提供することで、新規ユーザーの獲得を目論んでいるのです。
漫画を購入するまでに、BookLive「【合本版】竜の卵を拾いまして」を活用して少し試し読みしてみるというのがセオリーです。大まかなあらすじや主人公の雰囲気などを、購入前に見ることができます。
電子書籍も一般の書籍同様に情報が商品ですから、自分に合わない内容でも返品は受け付けられません。なので自分に合うかを確認するためにも、無料漫画に目を通す方が良いでしょう。
コミックと聞くと、「10代を対象にしたもの」だと思っているかもしれないですね。だけれど最近のBookLive「【合本版】竜の卵を拾いまして」には、50代以降の方でも「10代の頃を思い出す」とおっしゃるような作品も山ほどあります。
書籍のネットショップでは、概ねタイトルと作者、大体の内容しか見ることができないわけです。それに比べBookLive「【合本版】竜の卵を拾いまして」サイトの場合は、冒頭部分を試し読みで確かめることが可能です。




【合本版】竜の卵を拾いましての情報

                    
作者名 【合本版】竜の卵を拾いまして
【合本版】竜の卵を拾いましてジャンル 本・雑誌・コミック
【合本版】竜の卵を拾いまして詳細 【合本版】竜の卵を拾いまして(コチラクリック)
【合本版】竜の卵を拾いまして価格(税込) 3888
獲得Tポイント 【合本版】竜の卵を拾いまして(コチラクリック)


ページの先頭へ