日本文化私観 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの日本文化私観無料サンプル&試し読み


「堕落論」と並び称される坂口安吾によるエッセイ。「僕は日本の古代文化についてほとんど知識を持っていない。ブルーノ・タウトが絶賛する桂離宮も見たことがなく、玉泉も大雅堂も竹田も鉄斎も知らないのである」と始まるこのエッセイは、太平洋戦争の真っ只中でナショナリズムや当時掲げられていた日本文化の伝統を重んじる風潮が色濃く及んでいたなか発表された。「法隆寺も平等院も焼けてしまって一向に困らぬ。必要ならば、法隆寺を取り壊して停車場をつくるがいい」の有名な一節など、時代を経ても色褪せない安吾独自のスリリングな日本文化批評が展開される。



日本文化私観無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本文化私観詳細はコチラから



日本文化私観


>>>日本文化私観のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



放映されているものを毎週オンタイムで視聴するというのは面倒ですが、無料アニメ動画として配信中のものなら、ご自分の都合に合わせて楽しむことも叶うわけです。
一昔前に何度も読んだ懐かしい漫画も、BookLive「日本文化私観」として読めるようになっています。普通の本屋では陳列されていないタイトルも豊富にあるのがセールスポイントです。
中身がまったくわからずに、表題だけで漫画を選択するのは冒険だと言えます。誰でも試し読みができるBookLive「日本文化私観」でしたら、そこそこ内容を知った上で購入の判断が下せます。
「全部の漫画が読み放題であったら、これほど素晴らしいことはない」という利用者目線の発想を踏まえて、「毎月固定の金額を払えば購入の度に料金が発生しない」という形の電子書籍が考えられたわけです。
月額の利用料が固定されているサイト、登録をせずに利用できるサイト、1冊1冊支払うタイプのサイトタダで読めるタイトルがいっぱいあるサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いがあるので比較していただきたいですね。




日本文化私観の情報

                    
作者名 日本文化私観
日本文化私観ジャンル 本・雑誌・コミック
日本文化私観詳細 日本文化私観(コチラクリック)
日本文化私観価格(税込) 270
獲得Tポイント 日本文化私観(コチラクリック)


ページの先頭へ