震災ウラ噺 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの震災ウラ噺無料サンプル&試し読み


「地震も来るんやったら、前の日にでも、一言ゆうといてくれたらええのに」「何をゆうてんねん。予告編のある地震てなもんがあるかいな」 震災後の絶望感を抱えながら、それでもジョークを言い合いながら、明るく強く生きた神戸の人々。その実話エピソードを集めた名著『大震災名言録』を落語バージョンに仕上げたのが本作です。アホらしくて、どうしようもないけど、愛おしい。そんな関西人の笑いを是非ご堪能ください。電子オリジナル作品。●微笑亭さん太(ほほえみてい・さんた)1964年、愛知県生まれ。大学在学中は落語研究会に所属。卒業後、豊橋落語天狗連に参加。2004年「第1回全国落語台本コンクール」にて自作『身投げ橋』が最優秀賞を獲得。以来、春風亭小朝、春風亭昇太、立川志の輔、林家正蔵、林家木久蔵、林家三平、桂かい枝など、プロの落語家に定期的に落語台本を提供する作家活動のかたわら、自らも年間250回に及ぶ高座に上がり続ける。2009年「社会人落語日本一決定戦」3位入賞、翌年は奨励賞、2013年には藤本義一賞を受賞。その他、「落語協会台本コンクール」や「上方落語協会台本コンクール」などでも多数受賞している。近年は『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺撃退落語』など、テーマに応じた創作落語を作って演じ、その啓発に一役買っている。●藤尾 潔(ふじお・きよし)1966年、兵庫県神戸市垂水区に生まれ、東灘区で育つ。1990年、早稲田大学政経学部卒業後、ソニー宣伝部勤務を経て、ライターとなったとたん阪神淡路大震災。神戸の小、中、高と母校のすべてが避難所となる。以後、震災をテーマに取り組み、『大震災名言録』を出版する。著書に『早稲田大学おもしろ話』(光文社)ほか。



震災ウラ噺無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


震災ウラ噺詳細はコチラから



震災ウラ噺


>>>震災ウラ噺のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



移動中の空き時間も漫画を読んでいたいと願っている方にとって、BookLive「震災ウラ噺」ほど有用なものはないと言えます。スマホ1つを持っているだけで、いつでも漫画を購読できます。
普段から頻繁に漫画を買うという方からすると、月毎に同一料金を払うことにより満足するまで読み放題で堪能できるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに先進的だと言えそうです。
「詳細を理解してから買い求めたい」という人からすれば、無料漫画と言いますのはメリットの大きいサービスだと断言します。販売者側からしても、新規ユーザー獲得に期待が持てます。
“無料コミック”を上手く活用すれば、買おうかどうか検討中の漫画を少しだけ試し読みでチェックすることが可能なのです。購入前にストーリーの流れなどを大体読めるので、とても便利だと言われています。
「どの業者で本を買うことにするか?」というのは、思っている以上に大切な事です。値段とかシステム内容などが異なるわけですから、電子書籍というのは比較して選択しないといけないでしょう。




震災ウラ噺の情報

                    
作者名 震災ウラ噺
震災ウラ噺ジャンル 本・雑誌・コミック
震災ウラ噺詳細 震災ウラ噺(コチラクリック)
震災ウラ噺価格(税込) 106
獲得Tポイント 震災ウラ噺(コチラクリック)


ページの先頭へ