女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史無料サンプル&試し読み


なぜ世界から「英国王室」は注目されるのでしょう。本書では、二人のエリザベス(エリザベス一世とエリザベス二世)を軸にして、メアリ、ダイアナ、キャサリンまで、英国王室の歴史を紐解くとともに、王権とはどういうものか、現代社会における王家の在り方とは何かを解説。日本の「皇室」との違いや、「英国王室」が生まれ変わり続ける源流に迫ります。まさに、日本人のための「英国王室」入門書といえる一冊です。新書版から大幅に加筆修正した電子版。はじめに 英国王の現在・過去・未来第一章 女王の治世は繁栄する[英国史を彩った女王たち]第二章 離婚したさに国教会創立……?[宗教改革と最悪の混乱]第三章 無敵艦隊になぜ勝てたのか?[エリザベス一世の戦争]第四章 大英帝国の斜陽がはじまった[エリザベス二世の戦争]第五章 王権の影の悲劇とは?[メアリとダイアナ]第六章 人気なくして王位なし!?[岐路に立つ王権]電子版のための補遺「もの言うプリンセスの登場」●林 信吾(はやし・しんご)1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)、『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)など、著書多数。



女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史詳細はコチラから



女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史


>>>女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍のニーズは、これまで以上に高くなりつつあります。そんな中で、特に利用者が右肩上がりで増えているのが読み放題というサービスだと聞いています。支払料金を気にせずに読めるのが一番のポイントです。
漫画好きを秘匿しておきたいと言う方が、この頃は増加しているようです。自分の部屋に漫画の隠し場所がないっていう人だとしても、BookLive「女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史」なら人に内緒のままで閲覧することができます。
ユーザー数が右肩上がりで増えているのがBookLive「女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史」なのです。スマホで漫画を楽しむことができるということで、面倒な思いをして書籍を携帯することも不要で、手荷物が少なくて済みます。
「電車などで移動している間に漫画を読むなんて考えられない」という方であっても、スマホに直で漫画を保管しておけば、人目を考慮することから解放されます。ココがBookLive「女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史」の人気の秘密です。
スマホを使えば、BookLive「女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史」を時間を気にすることなく楽しめます。ベッドで横になりつつ、眠たくなるまでのリラックスタイムに見るという人が多いのだそうです。




女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史の情報

                    
作者名 女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史
女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史ジャンル 本・雑誌・コミック
女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史詳細 女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史(コチラクリック)
女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史価格(税込) 486
獲得Tポイント 女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史(コチラクリック)


ページの先頭へ