出版業界気になるニュースまとめ2017 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの出版業界気になるニュースまとめ2017無料サンプル&試し読み


本書は、筆者がブログ「見て歩く者」で毎週月曜日に更新している「出版業界関連の気になるニュースまとめ」記事の2017年更新分51本+αを、ジャンル別にまとめ直し加筆修正したものです。筆者が気になった“広義の”出版業界関連ニュースをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります。電子出版関連が多めです。縦書き向けの体裁変更や言い回しの微調整などを除き、基本的に記事を書いた当時のまま収録してあります。そのため、企業名や人物の肩書などが本書発行時点とは異なっている場合があります。また、記載してあるURLも公開当時のままであり、現時点ではウェブ上から姿を消している可能性があります(Internet ArchiveのWayback Machineなどを利用すると発掘できるかもしれません)。あらかじめご了承ください。〈目次〉はじめに第一章 2017年の予想第二章 フェイクニュースとの戦い第四章 出版でも進む中抜き現象第五章 電子取次・電子書店の栄枯盛衰第六章 出版社とデジタル第七章 著者と編集者、出版社の動向第八章 物理本の流通、書店と取次第九章 教育・図書館第十章 法律・行政・規制第十一章 読者の動向と、市況全般の分析や論評第十二章 海外出版事情第十三章 2017年の予想おわりに



出版業界気になるニュースまとめ2017無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


出版業界気になるニュースまとめ2017詳細はコチラから



出版業界気になるニュースまとめ2017


>>>出版業界気になるニュースまとめ2017のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



スマホを持っている人は、BookLive「出版業界気になるニュースまとめ2017」を時間に関係なく読めます。ベッドでゴロゴロしながら、眠るまでのリラックスタイムに見るという人が増えています。
書籍の購入費用は、1冊毎の額で見れば安いと言えますが、何十冊も買えば毎月の支払は大きくなってしまいます。読み放題だったら月額料金が固定なので、支払を節約できます。
「すべての漫画が読み放題なら、どれほどにいいだろう」という漫画オタクの要望を聞き入れる形で、「月額料金を支払えば1回1回の支払いは不要」というプランの電子書籍が生まれたわけです。
電子書籍ビジネスには色々な企業が参入していますので、入念に比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決定することが必要です。多くの書籍を扱っているかとかサービス、料金、使い心地などを比較することが欠かせません。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる方もそこそこいるようですが、一度でもスマホを利用して電子書籍を閲覧すると、その手軽さや支払いの簡単さからリピーターになってしまう人が珍しくないとのことです。




出版業界気になるニュースまとめ2017の情報

                    
作者名 出版業界気になるニュースまとめ2017
出版業界気になるニュースまとめ2017ジャンル 本・雑誌・コミック
出版業界気になるニュースまとめ2017詳細 出版業界気になるニュースまとめ2017(コチラクリック)
出版業界気になるニュースまとめ2017価格(税込) 1296
獲得Tポイント 出版業界気になるニュースまとめ2017(コチラクリック)


ページの先頭へ