内村鑑三の伝道論 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの内村鑑三の伝道論無料サンプル&試し読み


【新・教養の大陸シリーズ】第5弾!生前に内村鑑三が自らの雑誌「聖書之研究」などに発表した「伝道」に関する論考を精選して一冊にまとめたものです。これまでほとんど世に出てこなかった名文が詰まっています。無教会主義を唱えて、生涯を信仰にかけた内村鑑三が自らの伝道失敗談と、伝道成功の秘訣を明かします。本書で、内村鑑三は、人間にとって信仰は必要不可欠なものであり、政治にも宗教は必要であると情熱を込めて訴えます。ひるまず、くじけず、正義に生きた内村鑑三の言魂は、人生訓として現代を生きる人の心を打つことでしょう。■■ 著者について ■■内村鑑三(うちむら・かんぞう)1861~1930年。明治・大正期に活躍した、日本を代表するキリスト教思想家、社会批評家。「無教会主義」の主唱者。札幌農学校でキリスト教に出合い、米アマースト大学などで信仰を深める。第一高等中学校教員時代、教育勅語の天皇署名に対する敬礼を拒否したことが社会問題となる(不敬事件)。「萬朝報」や「東京独立雑誌」でキリスト教に基づく社会批判を展開し、伝道雑誌「聖書之研究」でキリスト教に関する研究を発表。主な著作は『代表的日本人』『余は如何にして基督信徒となりし乎』『後世への最大遺物』など。目次第一章 宗教はなぜ必要なのか第二章 私の伝道方法第三章 伝道と政治第四章 真の伝道師になれ第五章 いざ、世界伝道へ特別収録1 クラーク先生の思い出特別収録2 政治家を志した友人への追悼メッセージ――故横井時雄君のために弁ずる



内村鑑三の伝道論無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


内村鑑三の伝道論詳細はコチラから



内村鑑三の伝道論


>>>内村鑑三の伝道論のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



サービスの内容は、各社異なります。ですので、電子書籍をどこで買うのかというのは、比較して考えるべきだと言えるのではないでしょうか?熟考せずに決めるのは禁物です。
ほぼ毎日新しい漫画が登場するので、どれだけ読もうとも全部読了してしまうという状況にはならないというのがコミックサイトなのです。書店では扱っていないような昔懐かしい作品も買うことができます。
話題の作品も無料コミック上で試し読みができます。スマホやノートブック上で読むことができちゃうので、他人に知られたくないとか見られるとマズイ漫画もこっそり楽しめます。
購入してしまってから「期待したよりもつまらない内容だった」と後悔しても、漫画は交換してもらうことは不可能です。だけど電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、このような失敗を予防できます。
BookLive「内村鑑三の伝道論」が大人世代に評判となっているのは、若かったころに幾度となく読んだ漫画を、もう一度手っ取り早く読むことができるからだと言えるでしょう。




内村鑑三の伝道論の情報

                    
作者名 内村鑑三の伝道論
内村鑑三の伝道論ジャンル 本・雑誌・コミック
内村鑑三の伝道論詳細 内村鑑三の伝道論(コチラクリック)
内村鑑三の伝道論価格(税込) 1296
獲得Tポイント 内村鑑三の伝道論(コチラクリック)


ページの先頭へ