八甲田山 消された真実 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの八甲田山 消された真実無料サンプル&試し読み


「天は我を見放したか」という映画の著名なフレーズとは大違い、新発見の事実を丹念に積み重ね、青森第5連隊の悲惨な雪行行軍実態の真相に初めて迫った渾身の書、336頁にもわたる圧巻の読み応え。1902(明治35)年1月、雪中訓練のため、青森の屯営を出発した歩兵第5連隊は、八甲田山中で遭難、将兵199名を失うという、歴史上未曾有の山岳遭難事故を引き起こした。当時の日本陸軍は、この遭難を、大臣報告、顛末書などで猛烈な寒波と猛吹雪による不慮の事故として葬り去ろうとした。1964年、最後の生き証人だった小原元伍長が62年間の沈黙を破り、当時の様子を語ったが、その内容は5連隊の事故報告書を疑わせるものだった。地元記者が「吹雪の惨劇」として発表、真実の一端が明らかにされたものの、この遭難を題材にした新田次郎の小説『八甲田山死の彷徨』(1971年、新潮社)と、映画『八甲田山』(1977年、東宝、シナノ企画)がともに大ヒット、フィクションでありながら、それが史実として定着した感さえある。著者は、その小原元伍長の録音を入手、新田次郎の小説とのあまりの乖離に驚き、調査を始めた。神成大尉の準備不足と指導力の欠如、山口少佐の独断専行と拳銃自殺の真相、福島大尉のたかりの構造、そして遭難事故を矮小化しようとした津川中佐の報告など疑問点はふくらむばかりだった。そこで生存者の証言、当時の新聞、関連書籍や大量の資料をもとに、現場検証をも行なって事実の解明に努めた。埋もれていた小原元伍長証言から事実の掘り起こし、さらに、実際の八甲田山の行軍演習、軍隊の編成方法、装備の問題点など、軍隊内部の慣例や習性にも通じているの元自衛官(青森県出身)としての体験を生かしながら執筆に厚みを加えた。新発見の事実を一つ一つ積み上げながら、「八甲田山雪中行軍」とは何だったのかその真相に迫った渾身の書、336頁にもわたる圧巻の読み応え。



八甲田山 消された真実無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


八甲田山 消された真実詳細はコチラから



八甲田山 消された真実


>>>八甲田山 消された真実のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍を購入するというのは、オンライン情報を手に入れるということを意味するのです。サービス提供企業が倒産してしまえば利用できなくなりますので、間違いなく比較してから信用度の高いサイトを見極めることが大事です。
一般的な書店では、商品棚に並べる漫画の立ち読みを阻止するために、ビニールカバーをつけるのが一般的と言えるでしょう。BookLive「八甲田山 消された真実」であれば試し読みができることになっているので、漫画の趣旨を分かった上で買うかどうかを判断可能です。
「全てのタイトルが読み放題だったら、どれほどにいいだろう」というユーザーのニーズに応えるべく、「月に固定額を払えば都度の支払いは不要」という形式の電子書籍が考えられたわけです。
最近はスマホ経由でエンジョイできるアプリも、一段と多様化が顕著になっています。無料アニメ動画は当然の事、無料電子書籍やスマホで楽しめるゲームなど、バラエティー豊かなサービスの中から選べます。
コミックのような書籍を購入する時には、数ページめくって中身を確かめてから判断する人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みと同じように中身に目を通すことができるというわけです。




八甲田山 消された真実の情報

                    
作者名 八甲田山 消された真実
八甲田山 消された真実ジャンル 本・雑誌・コミック
八甲田山 消された真実詳細 八甲田山 消された真実(コチラクリック)
八甲田山 消された真実価格(税込) 1468
獲得Tポイント 八甲田山 消された真実(コチラクリック)


ページの先頭へ