忍者武芸帳(影丸伝)(3) 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの忍者武芸帳(影丸伝)(3)無料サンプル&試し読み


戦乱の世に、運命にあらがい信念に生きる人間像を描く大河歴史コミック▼第1話/会合(1)▼第2話/会合(2)▼第3話/会合(3)▼第4話/化性(1)▼第5話/化性(2)▼第6話/八つ身(1)▼第7話/八つ身(2)▼第8話/激流▼第9話/地走り(1)▼第10話/地走り(2)▼第11話/地走り(3)▼第12話/地走り(4)▼第13話/怪人▼第14話/蔵六▼第15話/神▼第16話/影一族(しびれ)▼第17話/無風(1)▼第18話/無風(2)●登場人物/結城重太郎(伏影城元城主の一子。父の仇討ちをめざす)。影丸(謎の忍者。戦乱の陰で暗躍し農民を助ける)。無風道人(院流の忍法「陰の流れ」をうけつぐ者。殺し屋として大物の首を狙い、その金を百姓に施す)。明美(重太郎を愛しそのあとを追う。影丸の妹)。●あらすじ/明智軍に包囲され、銃撃された重太郎の前にあらわれたのは、眼づけの熊だった。熊の率いる馬借は、光秀の影武者主膳の軍を全滅させる。重太郎といっしょに銃弾に倒れたかに見えた鬼吉は…(第1話)▼重太郎をみつけた明美は、撃たれた足を手当し献身的に看病する。明美の旅の連れ、太郎は鬼吉の息子であった。また重太郎の化膿した足を直したのは鬼吉に変装した影丸で、実は明美の探していた兄だった。意識の戻った重太郎は、仇討ちに憑かれたまま明美を残して去っていく(第4、5話)。●本巻の特徴/本能のまま反射的に行動する明美の性質について、エピソードをまじえながらくわしく語られている。相手を一心に愛する明美は、自分の身を捨てて重太郎を守る。また、甚助と無風の出会いにより、百姓も武士も同じ人間であり人に区別はないとする全編をつらぬく無風の信念が語られている。●その他のキャラクター/眼づけの熊(第1話)、鬼吉または蔵六(第6、9、14、15話)、坂上主膳(第1、2、10、11話)、太郎(第1、2、4、6、9、14話)、螢火(第2、3、6、10、11、16話)、明智光秀(第11話)、明智十人衆(第11話)、林崎甚助(第11、13、15、18話)、岩魚(第13、15話)、しびれ(第16話)、織田信長(第16話)●その他のデータ/登場する忍術~分身八つ身の術(第6話)



忍者武芸帳(影丸伝)(3)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


忍者武芸帳(影丸伝)(3)詳細はコチラから



忍者武芸帳(影丸伝)(3)


>>>忍者武芸帳(影丸伝)(3)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



1冊ごとに本屋に立ち寄って買うのはとても手間暇が掛かります。だからと言って、まとめて購入するというのは面白くもなんともなかった時の金銭的・精神的ダメージがデカすぎるでしょう。BookLive「忍者武芸帳(影丸伝)(3)」なら一冊ずつ買うことができるので、失敗することも最小限に留められます。
「漫画の数があまりにも多くて困り果てているから、買うのを諦める」という事態に陥らないのが、BookLive「忍者武芸帳(影丸伝)(3)」のメリットです。どんどん購入し続けても、整理整頓を考えなくても大丈夫です。
月額の利用料が固定されているサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1巻ずつ買い求めるサイト、0円の本がいっぱいあるサイトなど、コミックサイトも諸々違いが見受けられますので、比較検討すべきだと思います。
ここに来て、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というサービスが誕生し話題となっています。1冊ごとにいくらというのではなく、月極めいくらという販売方法になっているわけです。
電子書籍を買うというのは、ネットを介して情報を取得することだと言っていいわけです。サイトがなくなってしまうようなことがあったら利用できなくなりますので、入念に比較してから信頼のおけるを選びたいですね。




忍者武芸帳(影丸伝)(3)の情報

                    
作者名 忍者武芸帳(影丸伝)(3)
忍者武芸帳(影丸伝)(3)ジャンル 本・雑誌・コミック
忍者武芸帳(影丸伝)(3)詳細 忍者武芸帳(影丸伝)(3)(コチラクリック)
忍者武芸帳(影丸伝)(3)価格(税込) 648
獲得Tポイント 忍者武芸帳(影丸伝)(3)(コチラクリック)


ページの先頭へ