地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱無料サンプル&試し読み


3メガバンクがいずれも過去最高益を更新し、地方銀行も最高益が続出した。銀行業界はわが世の春を謳歌しているかと思いきや、どうもそうではないらしい。取材を進めていくと、再編をめぐって瀬戸際に追い詰められた地銀と、ビジネスモデルの崩壊が始まったメガバンクの憂鬱な姿が浮かび上がってきた。『週刊ダイヤモンド』(2014年5月31日号)の第1特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。*本誌の電子版も販売しています(最新号は毎週月曜日配信)。詳しくは「週刊ダイヤモンド」で検索ください。



地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱詳細はコチラから



地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱


>>>地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



しっかりと比較した後にコミックサイトを決めているという人が増えているようです。ネット上で漫画を楽しんでみたいなら、色々なサイトの中から自分にピッタリのサイトをセレクトすることが必須です。
マンガの売上は、残念ながら少なくなっているというのが実態です。今までの販売戦略に固執せず、いつでも読める無料漫画などを展開することで、利用者の増加を狙っています。
コミックというものは、読んだあとにブックオフなどに買取って貰おうとしても、ほとんどお金にならないと言えますし、もう一度読み返したいと思ったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックなら、本棚が必要ないので片付けに困ることはありません。
手軽に無料漫画が見れるという理由で、ユーザー数が増すのは当然だと言えるでしょう。書店と違い、他の人の目を気にすることなく立ち読み可能だというのは、電子書籍ならではの特長だと言っていいでしょう。
本離れが叫ばれるようになって久しいですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを採用することで、利用者数を増やしています。今までは絶対になかった読み放題という売り方がそれを実現する原動力となったのです。




地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱の情報

                    
作者名 地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱
地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱ジャンル 本・雑誌・コミック
地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱詳細 地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱(コチラクリック)
地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱価格(税込) 324
獲得Tポイント 地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱(コチラクリック)


ページの先頭へ