金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2) 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)無料サンプル&試し読み


【書籍説明】zzzz……。……え!?なに!?もう朝!?はあ?またまえがきやれっての?あいつおかしいんじゃないの!?人の仕事あたしにおしつけて!!根暗メガネの鬱(う)筆(ひつ)よりよっぽど性格悪いじゃない!……いいわよ、みんな、こんな本読まなくって。しっしっ、こんな性格の悪い作者が書いた本なんて読まなくていいわ。……ま、まあ、でも、そうね、もし、あたしのことが気になるってんなら、別に読んでくれてもかまわないわよ……?……と、とにかく!今回もダメダメな鬱筆をスーパー作家にするべく、超エリートのあたしが大奮闘してるわ!あたしが出てるんだから、あたしが教えてるんだから、おもしろいに決まってるし、ためになるに決まってる!きっとあんたたちが求めるものがこの本の中に……あるのかしら?ちょ、ちょっと、お願いだから閉じないでよ!とりあえず読んでよ~!!お願いだから~!!(※以上、今回もめんどくさがった作者の代わりに、ココナさんが前書きを語ってくれました。)【目次】第五話 怠惰×怠惰第五話 怠惰×怠惰 後編第六話 弟と姉第七話 ぼくは決して怪しんでなんていません第八話 ネット小説ココナが教えるやるべきことリストエピローグ 書けるようになったきっかけ【著者紹介】ゆっちん先生(ユッチンセンセイ)リザードン愛好家。猫と結婚したい派。さいきん、読書がものすごく進みます。かわりに仕事が遅々としてすすみません!(笑)



金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)詳細はコチラから



金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)


>>>金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



アニメの世界にハマるというのは、心身をリフレッシュするのに物凄く効果があります。深淵なメッセージ性を持った物語よりも、シンプルな無料アニメ動画などがおすすめです。
ユーザーが増えていると言われているのがBookLive「金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)」です。スマホだけで漫画を味わうことが可能なので、労力をかけて本を持ち歩くことも不要で、持ち物の軽量化が図れます。
「スマホの小さな画面では楽しめないのでは?」と疑念を抱く人も見られますが、実体験でBookLive「金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)」をダウンロードしスマホで読めば、その素晴らしさにビックリする人がほとんどです。
購読した漫画は諸々あるけれど、買い求めても置くスペースがないと困っている人もいます。だからこそ、保管場所を気に掛ける必要のないBookLive「金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)」の利用者数が増加してきたというわけです。
わざわざ無料漫画を提供することで、ユーザーを増やし利益に結び付けるのが販売会社サイドの目的というふうに考えられますが、もちろんユーザー側からしても試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。




金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)の情報

                    
作者名 金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)
金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)詳細 金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)(コチラクリック)
金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)価格(税込) 322
獲得Tポイント 金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。(2)(コチラクリック)


ページの先頭へ