ひよっこ社労士のヒナコ 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのひよっこ社労士のヒナコ無料サンプル&試し読み


二十六歳のひよっこ社会保険労務士・ヒナコが、得意先で相談に乗りながら事件を解決! 「お仕事する人の面倒を見る」お仕事小説登場。朝倉雛子は、新卒で就職に失敗して派遣社員で働いていたが、社会保険労務士の試験に三回目で合格し、社会人になって5度目の春に社労士として新たなスタートを切った。社労士とは、労働関連の法令にもとづく書類の作成代行をしたり、企業の労務管理や社会保険に関する相談や指導を行ったりする国家資格の職業。いわば、働きやすい環境をつくるのが仕事。ヒナコが、クライアントの会社で、ちょっとした事件を解決していく(時には失敗するけれど)、読んでこころがほっこりする連作短編集です。「五度目の春のヒヨコ」(推協賞短編部門候補作) 退職した女性が「退職理由を自己都合から、解雇に変えて」と会社に乗り込んできた。ヒナコは、会社の不正に気づく。「綿菓子とネクタイ」 居酒屋チェーンから「SNSに投稿したバイトを辞めさせたい」という相談が。ヒナコの親友の弟もそこでバイトしているが、ブラック企業らしい。「カナリアは唄う」 IT会社から「就業規則を作りたい」との依頼。社長は妊娠した社員を「このまま働いてもらうのは難しい」と言う。ヒナコは、その女性からも相談される。「飾りより、灯りより」 ヒナコが社労士を目指すきっかけとなった、スーパーでの派遣社員時代の話。年末調整のチェック作業中、社員の家族の収入証明書が紛失……。「空に星はなく」 星々製菓の社員が、帰宅途中に地下鉄の階段から落ちて骨折。労災になるのかどうかの相談を受けたヒナコは、残業の削減やハラスメント対策に乗り出す。「握りたい手は」 経営状態がよくないアパレルメーカーが、人件費を抑えるために、裁量労働制やみなし残業代制を導入したが、社員のストが起こる。



ひよっこ社労士のヒナコ無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ひよっこ社労士のヒナコ詳細はコチラから



ひよっこ社労士のヒナコ


>>>ひよっこ社労士のヒナコのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画や書籍は、本屋で中を確認して買うか否かの意思決定をする人が大半だと聞きます。けれど、ここ最近はBookLive「ひよっこ社労士のヒナコ」を介して1巻だけ買ってみてから、それを買うかどうか判断する人が多いのです。
無料漫画を満喫できるということで、利用者数が急増するのは至極当然のことです。お店とは異なり、人目を気にすることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍だけの長所です。
昨今のアニメ動画は若者だけがエンジョイできるものだと考えるのは早計です。アニメが苦手な人が見ても思わず感動してしまうような内容で、心を打つメッセージ性を持ったアニメも稀ではないのです。
電子書籍の悪い点として、気付かないうちに料金が高くなっているということがあります。けれども読み放題に申し込めば毎月の支払いが固定なので、いくらDLしようとも支払額が高額になる心配は無用です。
詳しいサービスは、登録する会社によって異なります。ですから、電子書籍を何処で買うのかというのは、当然比較して考えるべきだと言えるのです。軽々しく決めるのは厳禁です。




ひよっこ社労士のヒナコの情報

                    
作者名 ひよっこ社労士のヒナコ
ひよっこ社労士のヒナコジャンル 本・雑誌・コミック
ひよっこ社労士のヒナコ詳細 ひよっこ社労士のヒナコ(コチラクリック)
ひよっこ社労士のヒナコ価格(税込) 1200
獲得Tポイント ひよっこ社労士のヒナコ(コチラクリック)


ページの先頭へ