戦後の苦難 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの戦後の苦難無料サンプル&試し読み


敗戦後の混乱の時代、極寒や食糧難の中で労働を強いられた「抑留」、ソ連軍進駐により、満州、朝鮮半島から命がけの「引き揚げ」、青酸カリを抱きしめ敵国だった中国兵の看護など15人が証言。あれから70年-。「国家」や「公」が強調され、戦前・戦中と通底する空気が漂っているようにも映るいま、現在と過去とを切り離すのではなく、過去の証言と向き合うことが求められているのではないか。二度と同じ過ちを犯さないために、先人の声に耳を傾け、「自分事」として、今を見つめるためにも-。証言を補完するため、佐賀新聞の報道から当時の生活ぶりを検証するミニ企画「新聞は何を伝えたか」を佐賀大学の監修も通して掲載。「15人の証言」が、きな臭さが漂う現代に警鐘を鳴らす、今こそ必読の書。本書は2014年10月から1年半にわたる佐賀新聞の連載企画「刻む 佐賀・戦時下の記憶」の一部を再編集したものです。



戦後の苦難無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


戦後の苦難詳細はコチラから



戦後の苦難


>>>戦後の苦難のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍業界では斬新な「読み放題」というプランが登場し注目度が高くなっています。1冊いくらというのではなく、月額いくらという料金体系を採っています。
老眼が進んだために、目の前にあるものがぼやけて見えるようになってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるというのは画期的なのです。文字のサイズを自分用に調節できるからです。
容易にDLして読むことができるというのが、無料電子書籍が評価されている理由です。漫画ショップを訪ねる必要も、インターネットで申し込んだ本を配送してもらう必要も全くないのです。
購入前に中身を確かめることができれば、購入してから後悔することがありません。売り場で立ち読みをする時と同じように、BookLive「戦後の苦難」におきましても試し読みをすれば、中身を知ることができます。
0円で読める無料漫画をわざわざ並べることで、訪問者を増やし収益につなげるのが電子書籍会社の狙いですが、反対に利用者側も試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。




戦後の苦難の情報

                    
作者名 戦後の苦難
戦後の苦難ジャンル 本・雑誌・コミック
戦後の苦難詳細 戦後の苦難(コチラクリック)
戦後の苦難価格(税込) 324
獲得Tポイント 戦後の苦難(コチラクリック)


ページの先頭へ