M&Aという選択 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのM&Aという選択無料サンプル&試し読み


「後継者がいない」「過去15年間で100万社が廃業」「60歳以上の経営者が運営する企業は約120万社」企業経営者の将来への危機管理として「M&A」という選択肢を考えてみませんか? 企業が突然風邪を患うこと、時には難病にかかることもあるでしょう。その病気は必ずしも自力で治せるとは限りません。人が病気にかかる前に予防するのと同じように、企業も何らかの対策を事前に講じておく必要があります。本書は、少年時代に、山一証券の自主廃業から人生が変わった著者が、自身の体験をもとに「会社と社員を幸せに救う方法」を記した一冊です。一人でも多くの経営者に手にとっていただき「M&Aという選択肢もあるのか」と、気づきのきっかけとなることを願っています。【著者紹介】畑野幸治(はたの・こうじ) 株式会社FUNDBOOK代表取締役CEO大学在学中に株式会社Micro Solutionsを創業し、インターネット広告事業を展開。 2011年9月、株式会社BuySell Technologiesに参画し、戦略コンサルティングと金融に特化した人材紹介業に従事。2015年4月には自身で創業したネット型リユース事業を同社に事業譲渡し、2016年11月に同社の代表取締役CEOに就任。2017年9月には株式会社BuySell Technologiesで創業したM&Aアドバイザリー事業をスピンアウトし、株式会社FUNDBOOKを創業。その後、株式会社BuySell Technologiesの保有株式を全株譲渡し、代表取締役CEOを辞任。現在は自身のM&Aの実績を軸に、株式会社FUNDBOOKの代表取締役CEOに就任。会社と社員を幸せにするM&Aプラットフォーム事業に専念する。 【目次より】◆PART1 日本の中小企業を次世代につなぐために ~M&Aが日本経済を救う~◆PART2 30分でわかるM&A◆PART3 納得!M&Aのケーススタディと成功のポイント



M&Aという選択無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


M&Aという選択詳細はコチラから



M&Aという選択


>>>M&Aという選択のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



無料漫画が堪能できるという理由で、利用する人が増えるのは当たり前の結果だと言えます。本屋とは違って、他人の目を意識することなく立ち読みできるというのは、電子書籍の良い所だと思います。
コミックなどの書籍代金は、1冊ずつの単価で見れば安いかもしれませんが、沢山買えば毎月の利用料金は膨らんでしまいます。読み放題だったら定額になるため、支出を節減できます。
老眼が進んで、近くの物が見えにくくなってしまったという読書家の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍を読むことができるようになったというのは、何より有難いことなのです。フォントサイズを調整できるからです。
電子書籍も一般の書籍同様に情報が商品なので、自分に合わない内容でも返品はできないのです。だから面白いかを確認するためにも、無料漫画を読むことを推奨します。
スマホ上で見る電子書籍は、一般的な書籍とは異なり文字のサイズを自分好みに調整することが可能ですので、老眼が進んでしまった中高年の方でも難なく読むことができるという優位性があります。




M&Aという選択の情報

                    
作者名 M&Aという選択
M&Aという選択ジャンル 本・雑誌・コミック
M&Aという選択詳細 M&Aという選択(コチラクリック)
M&Aという選択価格(税込) 1620
獲得Tポイント M&Aという選択(コチラクリック)


ページの先頭へ