日本人のための英文法 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの日本人のための英文法無料サンプル&試し読み


日本語と英語の間には、はるかな隔たりがあることが予想される。そのため今回、第1章では日本語と英語の間の「距離感」を測るための、ある実験を行うことにした。1.「昨日の発見は衝撃だった」何でもない文のように見えるが、実はこの日本文には、秘密がある。この文の中に出てくる「昨日」「発見」「衝撃」という3つの名詞は、どう入れ替えても、すべて文になるのだ。実際にやってお見せしよう。1.「昨日の発見は衝撃だった」2.「昨日の衝撃は発見だった」3.「発見の昨日は衝撃だった」4.「発見の衝撃は昨日だった」5.「衝撃の昨日は発見だった」6.「衝撃の発見は昨日だった」どうだろう。中には多少ぎこちない日本語もないではないが、6つの文の微妙なニュアンスの違いに、お気づきいただけただろうか。これだけでもちょっと驚きなのだが、私が行った実験とは、「この6文を英語にするとどうなるか?」というものだった。たとえば、1の「昨日の発見は衝撃だった」なら、Yesterday's discovery was a shock.となり、これは難なく英語にすることができる。このあたりは、さして「日本語」と「英語」の間の距離を感じることもない。だが3の「発見の昨日は衝撃だった」あたりになると、そうはいかなくなることがおわかりになるだろう。本書での私のねらいは、こうした日本語と英語との間にある距離を縮めることで、みなさんを“読み通せる英文法”を書けるようにすることなのである。▼目次第1章 日本語と英語の距離を測る第2章 「SV」感覚第3章 英文法の道具立て第4章 文はフレーズでできている!第5章 クイズで覚える英文法第6章 動詞句の3段構造第7章 「文型」か「文形」か?第8章 道具としての「5文型」第9章 仮定法の質問第10章 24人の悟り▼著者紹介 晴山陽一 Yoichi Hareyama 1950年東京生まれ。早稲田大学文学部哲学科卒業後、出版社に入り、 英語教材の開発、国際的な経済誌創刊などを手がける。 1997年に独立、以後精力的に執筆を続けており、著書は140冊を超える。 著書に『すごい言葉』(文春新書)、『英語ベストセラー本の研究』(幻冬舎新書)、 『話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。2015年1~2月にかけて、Kindleで総合1位を



日本人のための英文法無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本人のための英文法詳細はコチラから



日本人のための英文法


>>>日本人のための英文法のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



その日その日を効率的に過ごしたいとおっしゃるなら、空き時間を無駄なく活用すべきでしょう。アニメ動画の視聴というのは電車移動中でもできるので、そういった時間を充当するというふうに意識しましょう。
購入した書籍は返品は認められないので、内容を見てから支払いをしたい人には、試し読みで中身を把握できる無料電子書籍はメチャクチャ便利に使えます。漫画も同様に中身を見て入手できます。
ショップには置かれていないような昔のタイトルについても、電子書籍には置かれています。無料コミックの中には、アラフィフ世代がずいぶん前に満喫した漫画も沢山含まれています。
アニメが趣味の方にしてみれば無料アニメ動画というのは画期的と言えるサービスです。スマホさえあれば、タダで楽しむことが可能なわけです。
手持ち無沙汰を解消するのに打ってつけのサイトとして、人気を博しているのが話題のBookLive「日本人のための英文法」です。わざわざ本屋で漫画を買う必要はなく、スマホでアクセスすることで読めてしまうというのが特色です。




日本人のための英文法の情報

                    
作者名 日本人のための英文法
日本人のための英文法ジャンル 本・雑誌・コミック
日本人のための英文法詳細 日本人のための英文法(コチラクリック)
日本人のための英文法価格(税込) 540
獲得Tポイント 日本人のための英文法(コチラクリック)


ページの先頭へ