覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八無料サンプル&試し読み


1912年1月、南京で中華民国臨時政府が成立し、孫文が臨時大総統に就任。翌月には宣統帝が退位し、清朝が滅亡した。新生「中華民国」はこうして産声を上げたが、その後の歩みは“平坦でない”どころではなく、各地の軍閥が権謀術数をめぐらせ混沌をきわめた。本書のねらいは、これまで注目されることのなかった「軍閥とその時代」を再構築することである。扱うのは、国家の統合が壊れた袁世凱統治の末期から、蒋介石が全中国を統一するまでの軍閥混戦の時代(1915-28年)だ。主役級の袁世凱、段祺瑞、孫文、蒋介石、張作霖のほか、徐樹錚、馮国璋、呉佩孚、馮玉祥ら、数多の群雄が三国志さながらの激しい攻防を繰り広げた時代である。この時期、中国で覇権争いをしていたのは軍閥ばかりではない。列強諸国、なかでも大陸進出をねらっていた日本と、革命の輸出をもくろんでいたソ連の影響は大きく、軍閥とこれら国外勢力との間で展開した駆け引きの様子が詳しく描かれる。本書は、今世紀に入って中国で相次いで発表された、革命史観にとらわれない文献をもとに、こうした軍閥の動きを丁寧に追い、複雑にからみ合った勢力関係のひもを解きながら、中国史のなかに軍閥を位置づける試みである。



覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八詳細はコチラから



覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八


>>>覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



中身が分からないまま、カバーの見た目だけで読むべきか決断するのは難易度が高いです。試し読み可能なBookLive「覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八」サービスなら、一定レベルで内容を精査した上で購入するかどうか決められます。
「アニメについては、テレビで放映されているものしか見ない」というのは一昔前の話だと言わざるを得ません。どうしてかと言えば、無料アニメ動画などをインターネット上で楽しむというスタイルが主流になりつつあるからです。
“無料コミック”を上手く活用すれば、買おうかどうか決断し切れずにいる漫画の一部分を料金なしで試し読みすることが可能になっています。購入する前に内容をある程度認識できるので、非常に便利だと言えます。
1日24時間を大切にしたいと考えているなら、空き時間を無駄なく活用することを考えるべきです。アニメ動画を視聴するのはバスの中でもできることですから、そうした時間を充てるようにすべきです。
売切れになった漫画など、書店では取り寄せてもらわなければ手に入れられない書籍も、BookLive「覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八」という形態で豊富に販売されているため、どこにいても買って読むことができます。




覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八の情報

                    
作者名 覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八
覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八ジャンル 本・雑誌・コミック
覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八詳細 覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八(コチラクリック)
覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八価格(税込) 2937
獲得Tポイント 覇王と革命:中国軍閥史一九一五‐二八(コチラクリック)


ページの先頭へ