「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション無料サンプル&試し読み


難しくて伝えづらい。相手にとってうれしくない。そんな話題や情報、ニュースを相手に正しく理解してもらう方法がわかる1冊。「言ったつもりが伝わらない」「このくらいわかるはずと思ったのに、相手は適当に理解していた」「伝えた内容を相手が誤解してトラブルになった」上司VS部下、企業VS消費者・マスコミ、学校VS保護者、PTAの役員VS他の保護者、マンションの理事会VS住民……。あらゆる場でコミュニケーションは発生し、伝える、伝わる関係が生まれます。じつのところ、相手にとってうれしいニュースであれば、伝えるのはさほど難しくないもの。ですが、もしもそれが相手にとっては聞きたくないような「やばいこと」であったら、どう伝えればいいのか? 例えば、仕事の不備を部下に指摘する、製品の事故や不具合とその発生経緯を発表、説明する、マンションの修繕費積み立て費を急遽増額しないとまずいことを伝える等……。そもそも、正確に伝わらない(伝えられない)原因は何か、それによって起きる不具合とはどんなものか? 以上を踏まえたうえで、相手に誤解なく伝わるコミュニケーションの具体的な方法を、リスクコミュニケーションの専門家である西澤真理子氏が一般人向けに日常(ビジネス/プライベート問わず)のさまざまな場面で応用できる形で解説する。



「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション詳細はコチラから



「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション


>>>「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーションのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



とてもたくさんの人が無料アニメ動画を視聴しています。急にアポキャンを喰らってできた時間とか移動中の時間などに、手早くスマホで視聴できるというのは有り難いですね。
詳しいサービスは、会社によって変わります。そんな状況なので、電子書籍を何処で買い求めるのかというのは、比較してから結論を出すべきだと考えています。安直に決定するのはおすすめできません。
BookLive「「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション」の販売促進の戦略として、試し読みができるという取り組みは優れたアイデアだと言えるでしょう。どこにいてもストーリーを確認することができるので、空き時間を賢く利用して漫画を選ぶことが可能です。
書籍の販売低迷が指摘される中、電子書籍は今までにないシステムを導入することで、購読者数をどんどん増やしています。前代未聞の読み放題という売り方がそれを実現させました。
単行本は、お店で触りだけ読んで買うか否かの意思決定をする人が多いらしいです。しかしながら、昨今はBookLive「「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション」のサイトで1巻だけ読んで、その本を買うか判断する方が主流派になりつつあります。




「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーションの情報

                    
作者名 「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション
「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーションジャンル 本・雑誌・コミック
「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション詳細 「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション(コチラクリック)
「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション価格(税込) 849
獲得Tポイント 「やばいこと」を伝える技術(毎日新聞出版) 修羅場を乗り越え相手を動かすリスクコミュニケーション(コチラクリック)


ページの先頭へ