街場の天皇論 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの街場の天皇論無料サンプル&試し読み


ぼくはいかにして天皇主義者になったのか。立憲デモクラシーとの共生を考える待望のウチダ流天皇論。【ウチダ流「天皇論」の見立て】◆天皇の「象徴的行為」とは死者たち、傷ついた人たちと「共苦すること」である。◆「今」の天皇制システムの存在は政権の暴走を抑止し、国民を統合する貴重な機能を果たしている。◆国家には、宗教や文化を歴史的に継承する超越的で霊的な「中心」がある。日本の場合、それは天皇である。◆安倍首相が背負っている死者は祖父・岸信介など選択された血縁者のみだが、今上陛下はすべての死者を背負っている。◆日本のリベラル・左派勢力は未来=生者を重視するが、過去=死者を軽視するがゆえに負け続けている。【本書の概要】2016年の「おことば」から生前退位特例法案までの動きや、これまでの今上天皇について「死者」をキーワードとしてウチダ流に解釈。今上天皇による「象徴的行為」を、死者たち、傷ついた人たちのかたわらにあること、つまり「共苦すること(コンパッション)」であると定義。安倍首相が背負っている死者は祖父・岸信介など選択された血縁者のみだが、今上陛下はすべての死者を背負っていると指摘する(「民の原像」と「死者の国」)。さらに日本のリベラル・左派勢力は生者=現在・未来を重視するが、過去=死者を軽視するがゆえに負け続けていると喝破。同時に日本は「天皇制」と「立憲デモクラシー」という対立する二つの統治原理が拮抗しているがゆえに、「一枚岩」のロシアや中国、二大政党によって頻繁に政権交代する米仏のような政体にくらべて補正・復元力が強いとも論じる。天皇主義者・内田樹による待望の天皇論。



街場の天皇論無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


街場の天皇論詳細はコチラから



街場の天皇論


>>>街場の天皇論のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「すべての本が読み放題であれば、どんなに素晴らしいだろう」という漫画好きのニーズを踏まえて、「月額料金を支払えば都度の支払いは必要ない」という形の電子書籍が誕生したのです。
ミニマリストというスタンスが少しずつに受け入れられるようになった近年、漫画本も書冊として持つのを避けるために、BookLive「街場の天皇論」経由で楽しんでいる人が急増しています。
人目が有る場所では、広げて読むのもためらいを感じるという内容の漫画でも、無料漫画システムを提供している電子書籍の場合は、好みかどうかをよく確かめた上で買うことができるのです。
とてもたくさんの人が無料アニメ動画の利用をしているようです。ぼんやりしている時間とか移動中の時間などに、素早くスマホで見ることができるというのは、非常に重宝します。
「詳細を理解してからDLしたい」という意見をお持ちの人にとって、無料漫画は利点だらけのサービスだと言えるでしょう。販売者側からしましても、ユーザー数の増加が望めるというわけです。




街場の天皇論の情報

                    
作者名 街場の天皇論
街場の天皇論ジャンル 本・雑誌・コミック
街場の天皇論詳細 街場の天皇論(コチラクリック)
街場の天皇論価格(税込) 1620
獲得Tポイント 街場の天皇論(コチラクリック)


ページの先頭へ