今を生きる人のための世界文学案内(立東舎) 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)無料サンプル&試し読み


僕を熱くさせる小説は、ほとんど全てこの本に書いてある。都甲幸治のベスト書評集。とにかく面白い本を、国・言語にかかわらずひたすら読みまくる。そしてその本について書きまくる。これは、そんな「狂喜の読み屋」の戦いの記録だ。現代日本の最重要翻訳家・都甲幸治。彼の膨大な原稿から厳選したベスト書評集。読書日記、長短様々な書評、自伝的なエッセイなどから、現代の世界文学のありかたが見えてくる! 村上春樹『騎士団長殺し』についての書き下ろし書評も掲載。世界文学の今を知るための、最新ブックガイドが登場。【CONTENTS】まえがき1 2015年以降の読書日記2 日本、アメリカ、そして語りかけてくる言葉――村上春樹『騎士団長殺し』閉じた家、開いた家――坂口恭平の小説ラテンアメリカを引き継ぐ――ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』と北米の魔術的リアリズム3 世界文学をひたすら読む涙の擁護――舌津智之『抒情するアメリカ――モダニズム文学の明滅』英語の中の東欧系文学死の帝国----ロベルト・ボラーニョ『第三帝国』作家たちの声を聴く----青山南編訳『作家はどうやって小説を書くのか、じっくり聞いてみよう! 』新しいサリンジャー像----ケネス・スラウェンスキー『サリンジャー 生涯91年の真実』あらかじめ失われた父を求めて――ジョン・アーヴィング『また会う日まで』文学の再発明――ドン・デリーロ『ボディ・アーティスト』沈黙の言葉――ポール・オースター『幻影の書』偽装された自伝――ポール・オースター『写字室の旅』アメリカの崩壊――ゲイリー・シュタインガート『スーパー・サッド・トゥルー・ラブ・ストーリー』三の物語――カレン・テイ・ヤマシタ『熱帯雨林の彼方へ』新たなフランツ・ファノン----タナハシ・コーツ『世界と僕のあいだに』すべては繋がり、循環する----いしいしんじ『海と山のピアノ』暴力と絶望――星野智幸『呪文』奇妙な師弟関係の中で----又吉直樹『火花』サリンジャーを書き直す----円城塔『バナナ剥きには最適の日々』外側の眼――筒井康隆『世界はゴ冗談』肯定の力----岩城けい『Masato』反転する河原と一般社会----木村友祐『野良ビトたちの燃え上がる肖像』4 英語を生きる英語を生きるトランプと人種差別――南北アメリカ文学に見る排除前山君のこと5 僕の好きな翻訳文学40冊あとがき



今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)詳細はコチラから



今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)


>>>今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



バスなどで移動している時などの空き時間に、無料漫画をチェックして自分に合いそうな本を発見しておけば、日曜日などの暇なときに手に入れて続きを満喫することもできちゃいます。
コンスタントに新タイトルが追加されるので、いくら読んだとしても読むものが無くなる心配をする必要がないというのがコミックサイトの特徴です。書店では販売されないマイナーな作品も閲覧できます。
漫画が何より好きなのを隠しておきたいという人が、今の時代増加しているらしいです。自宅にいろんな漫画の置き場所がないと言われる方でも、BookLive「今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)」の中だけであれば人に内緒のままで漫画を読み続けられます。
放送中のものをテレビ番組のスケジュール通りに見るというのは面倒ですが、無料アニメ動画として視聴可能なものなら、あなたの好き勝手な時間に楽しむことが可能なのです。
サービスの詳細内容は、会社によってまちまちです。そんな状況なので、電子書籍を何所で買うかというのは、比較するのが当然だと思っています。すぐに決めるのは厳禁です。




今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)の情報

                    
作者名 今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)
今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)ジャンル 本・雑誌・コミック
今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)詳細 今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)(コチラクリック)
今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)価格(税込) 2160
獲得Tポイント 今を生きる人のための世界文学案内(立東舎)(コチラクリック)


ページの先頭へ