侵略する豚 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの侵略する豚無料サンプル&試し読み


ある日、太平洋を越えて種豚がやってきた。本書は食をめぐる本格ノンフィクションであり、同時に日米の貿易問題を理解する解説書です。「侵略する豚」は、小学館のWEBマガジン「ブックピープル」で57回にわたり連載されました。その間誕生したトランプ政権はTPP離脱を決め、それに代わる日米交渉はさらに厳しくなると予想されています。また、中国国家主席の習近平は米国との距離を縮め、著者の分析通りなら食料戦略で足並みをそろえようとしています。その米中の意図と日本が抱えるリスクを、著者は豚肉を題材に徹底取材しました。日本が豚肉の市場として米中の草刈り場になるのではないか、いやそれどころか食料自給率がどんどん下がり、日本は米中に胃袋をつかまれ身動きが取れなくなるのではないか―。取材を元に著者はそう警鐘を鳴らします。幕末の日本を皮切りに、アメリカへ中国へ。緻密な資料調査と丹念な取材で、時空をまたぐ物語となった本作品。1960年代、アメリカの種豚が援助の名の下に日本に送られたエピソードは圧巻です。



侵略する豚無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


侵略する豚詳細はコチラから



侵略する豚


>>>侵略する豚のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



バスに乗っている時も漫画に熱中したいと考えている人にとって、BookLive「侵略する豚」ほど役立つものはありません。スマホというモバイルツールを所持していれば、気軽に漫画を購読できます。
買う前にストーリーを知ることが可能だというなら、購入してしまってから悔やまずに済むのです。本屋さんで立ち読みをする時と同じように、BookLive「侵略する豚」でも試し読みを行なえば、どんな内容なのか確かめられます。
購入後に「予想よりも全く面白くない内容だった」と後悔しても、購入した本は返品が認められません。ですが電子書籍なら先に試し読みをすることができるので、そうした失敗をなくすことができます。
好きな時に無料漫画が見られるという理由で、利用者数が増えるのは少し考えればわかることです。店頭とは違い、他者の視線を気に掛けることなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍の特長だと断言できます。
幼少時代に何度も読み返した懐かしさを感じる漫画も、BookLive「侵略する豚」という形で購入できます。一般の書店では見ない漫画も数多く見受けられるのが人気の理由だと言えるでしょう。




侵略する豚の情報

                    
作者名 侵略する豚
侵略する豚ジャンル 本・雑誌・コミック
侵略する豚詳細 侵略する豚(コチラクリック)
侵略する豚価格(税込) 1360
獲得Tポイント 侵略する豚(コチラクリック)


ページの先頭へ