憎悪と愛の哲学 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの憎悪と愛の哲学無料サンプル&試し読み


愛する人を憎め。日本人には、憎悪が足りない。イスラーム過激派テロから、原爆投下の裏面史まで。縦横無尽な論証で社会学の最重要概念を更新する、「神」「資本主義」「歴史」をめぐる思考の冒険。 第1章 資本主義の神から無神論の神へ 第2章 憎悪としての愛「経験や行動は、できるだけ浅く、短いところに、思考を着地させようとするのだ。経験と行動が発する重力に負けて、着地してしまうと、思考の明晰性が届かない領域が広く取り残されることになる。だが、このとき、もし〈概念〉をもっていれば、思考はその分だけ遠く飛ぶことができる。」  ――「まえがき」より



憎悪と愛の哲学無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


憎悪と愛の哲学詳細はコチラから



憎悪と愛の哲学


>>>憎悪と愛の哲学のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



スマホで見る電子書籍は、普通の本と違ってフォントサイズを好きに変えることができますので、老眼で見えづらい60代以降の方でもスラスラ読めるという特徴があるわけです。
月額が決まっているサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1冊ずつ売っているサイト、無料の漫画が数多くあるサイトなど、コミックサイトも1つ1つ異なる点があるので、比較してみましょう。
電子書籍はクレカで買うので、知らない間に利用料が高くなっているということが想定されます。でも読み放題でしたら月額料が固定なので、いくらDLしようとも料金が高くなることを心配する必要がありません。
毎回本屋まで行くのは不便です。ですが、大人買いは内容がおそまつだった時の金銭的・精神的ダメージが大きすぎるでしょう。BookLive「憎悪と愛の哲学」は1冊ずつ買い求められるので、その点心配無用だと言えます。
「電子書籍はどうも苦手だ」と言う本好きな方もそこそこいるようですが、一度でもスマホを利用して電子書籍を読めば、持ち運びの手軽さや決済の楽さから抜け出せなくなる人がほとんどだとのことです。




憎悪と愛の哲学の情報

                    
作者名 憎悪と愛の哲学
憎悪と愛の哲学ジャンル 本・雑誌・コミック
憎悪と愛の哲学詳細 憎悪と愛の哲学(コチラクリック)
憎悪と愛の哲学価格(税込) 1728
獲得Tポイント 憎悪と愛の哲学(コチラクリック)


ページの先頭へ