紙つぶて(完全版) 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの紙つぶて(完全版)無料サンプル&試し読み


とかく内容と著者の紹介を中心に、半分ほめて半分けなしてお茶を濁す書評が多い中で、本書に収められた書評コラムという「作品」は異彩を放っている。知識は正確をきわめ、守備範囲は洋の東西、古今を超え硬軟とりまぜ、あくまで広い。「これぞ」と思う名作には過不足ない賞賛を与え、一見に値する奇書を見逃すことがなく、世におもねった俗書、奇を衒っただけの愚書の類は容赦なく一刀両断に斬って捨てる。一篇600字という限られた紙幅の中で、その本と本の周辺の事情を閃光のごとく照らし出す鮮やかな技は、見事の一語に尽きる。昭和44年3月から昭和58年8月まで、あしかけ15年にわたって大阪読売新聞(夕刊)、雑誌『銀花』等に書き続けた、著者自らライフワークと認ずる書評コラム「紙つぶて」455篇を集大成。鋭利な刃物のような切り口の賞賛と批判は、読書の海を航海する人の、正確無比な羅針盤になること間違いない。



紙つぶて(完全版)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


紙つぶて(完全版)詳細はコチラから



紙つぶて(完全版)


>>>紙つぶて(完全版)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「紙つぶて(完全版)」を読むと言うなら、スマホが便利です。重いパソコンは持ち運べないし、タブレットも混み合った電車内などで読みたいという場合には不向きだと言えるのではないでしょうか。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界でしか成しえない全くもって画期的とも言える挑戦です。購入者にとっても著者サイドにとっても、プラスの面が多いのです。
コミックの購買者数は、時間経過と共に減少しているというのが実際のところです。今までと同じような販売戦略に見切りをつけて、まずは無料漫画などを前面に打ち出すことで、新たな顧客の獲得を狙っているのです。
BookLive「紙つぶて(完全版)」はノートパソコンやスマホ、NexusやiPadで読むのがおすすめです。さわりだけ試し読みができますから、その結果次第でその漫画をDLするかを決定する人も多くいると聞きます。
今までは本を購読していたと言われるような方も、電子書籍に切り替えた途端、普通の本に不便さを感じるようになるということがほとんどだと耳にしました。コミックサイトもかなり運営されていますので、きっちりと比較してから選定するようにしてください。




紙つぶて(完全版)の情報

                    
作者名 紙つぶて(完全版)
紙つぶて(完全版)ジャンル 本・雑誌・コミック
紙つぶて(完全版)詳細 紙つぶて(完全版)(コチラクリック)
紙つぶて(完全版)価格(税込) 749
獲得Tポイント 紙つぶて(完全版)(コチラクリック)


ページの先頭へ