死のオブジェ 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの死のオブジェ無料サンプル&試し読み


画廊で殺されたアーティスト。胸の上には一枚のカードがタイトルのように「死」と告げていた。NY市警には、同じオーナーの画廊で12年前に起きた猟奇殺人事件との関連を示唆する手紙が届く。切り刻まれ、オブジェとして展示されたアーティストとダンサーの死体。捜査を担当したマーコヴィッツは、容疑者の自白を信じていなかった。マロリーの再捜査は関係者たちの秘密を容赦なく暴き、閉ざされた過去をこじ開ける。娘の死と同時に失踪した画家の行方は? 膨大に遺されたマーコヴィッツのメモが指し示す真犯人は? 伏魔殿のようなアート業界に踏み込んだマロリーに、市警を牛耳る何者かの捜査妨害が……シリーズ第3弾!/解説=穂井田直美



死のオブジェ無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


死のオブジェ詳細はコチラから



死のオブジェ


>>>死のオブジェのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「死のオブジェ」の拡販戦略として、試し読みが可能という仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。いつ・どこでも物語の内容を読むことが可能なので、暇な時間を上手く活用して漫画を選択できます。
毎月定額を納めることで、各種の書籍を好きなだけ読むことができるという読み放題コースが電子書籍で大人気です。毎回毎回購入せずに読めるのが人気の理由です。
数多くのサービスを凌いで、こんなに無料電子書籍システムが一般化していきている要因としては、地域密着型の本屋が減少傾向にあるということが指摘されています。
バッグなどを出来るだけ持ちたくない男性たちにとって、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのは物凄いことなのです。荷物の量は変わらないのに、ポケットに保管して本や漫画を携帯できるわけです。
少し前のコミックなど、お店では注文しなければ手元に届かない書籍も、BookLive「死のオブジェ」という形で様々取り扱われているので、スマホが1台あればダウンロードして楽しむことができます。




死のオブジェの情報

                    
作者名 死のオブジェ
死のオブジェジャンル 本・雑誌・コミック
死のオブジェ詳細 死のオブジェ(コチラクリック)
死のオブジェ価格(税込) 1199
獲得Tポイント 死のオブジェ(コチラクリック)


ページの先頭へ