人を襲うクマ 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの人を襲うクマ無料サンプル&試し読み


福岡大学ワンダーフォーゲル部のヒグマ襲撃事故の検証を筆頭に、最近のクマとの遭遇被害の事例を追い、専門家による生態解説など含め、クマ遭遇被害の実態を詳細に明かす。1970年7月、日高のカムイエクウチカウシ山で登山をしていた福岡大学ワンダーフォーゲル部5人は、九ノ沢カールで幕営中、突然、ヒグマに襲われた。近くにいた他大学の山岳部員に救助を求めるが、クマの執拗な攻撃に遭い、結局3名が亡くなった。ザックを取りに戻らない、背中を見せて逃げてはいけない、等、幾つかの教訓を残し、当時大きな話題になった。本事故に関する報告書は残っているが、書籍化されないまま、50年近くもの間に事件そのものが風化してしまった。最近クマの出没が各地で相次ぎ、クマの襲撃による被害も頻発しているので、悲惨な本事故をしっかり検証しつつ、最近の事例、専門家による生態解説など、クマの脅威と遭遇被害の実態に迫った。<内容紹介>1章1970年7月日高・カムエク事故に関する詳しい検証。報告書を元に、1部員の遺書も掲載、この事故は何が原因なのか検証。2章登山者がクマと遭遇して起きた最近の事故を検証。2009年 北アルプス・乗鞍岳2014年 奥多摩・川苔山2015年 滋賀・高島トレイル2016年 鹿角市・山菜採り事故等、主に7件の登山者による遭遇事例を取り上げ、検証。3章専門家によるクマの生態について東京農業大学 山崎晃司氏が、最近のクマ遭遇事故の特徴、クマの生息域の拡大と事故とのつながり、ヒグマとツキノワグマの生態の違い、地球環境の変化とクマの生活圏の変容などについて解説。※ツキノワグマの写真家 澤井俊彦氏によるクマの活写。



人を襲うクマ無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


人を襲うクマ詳細はコチラから



人を襲うクマ


>>>人を襲うクマのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



サービスの具体的な中身に関しては、各社それぞれ異なります。そういうわけで、電子書籍をどこで買うことにするのかに関しては、比較するのが当然だということです。安直に決めるのは厳禁です。
数多くのサービスに打ち勝って、こんなに無料電子書籍サービスが一般化していきている理由としては、地元の本屋が少なくなっているということが指摘されているようです。
漫画を購入すると、近い将来収納場所に困るという問題が発生することになります。ところがサイトで閲覧できるBookLive「人を襲うクマ」なら、どこに片づけるか悩むことがあり得ないので、気軽に読むことができます。
暇つぶしにバッチリなサイトとして、人気が出ているのがBookLive「人を襲うクマ」になります。ショップまで行って欲しい漫画を探したりせずとも、1台のスマホがあれば好きな漫画を読めるという部分が利点です。
電子書籍も普通の本と同じように情報が商品なので、内容が今一つでも返品は受け付けられません。それがあるので、楽しめるかを確かめるためにも、無料漫画を読むことをおすすめします。




人を襲うクマの情報

                    
作者名 人を襲うクマ
人を襲うクマジャンル 本・雑誌・コミック
人を襲うクマ詳細 人を襲うクマ(コチラクリック)
人を襲うクマ価格(税込) 1382
獲得Tポイント 人を襲うクマ(コチラクリック)


ページの先頭へ