生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉無料サンプル&試し読み


「人間は弱い。死ぬのは僕もこわいです。」105歳の医師、日野原重明氏が、死の直前まで語った、希望と感謝の対話20時間越。最後の力を振り絞り伝えたかった言葉とは。生涯現役、渾身最期の一冊。「死ぬのは僕でも怖いんだよ。」だからこそ、朝起きて自分が生きていることが、心から嬉しい。105歳になっても尚、僕にはまだ自分でも知らない未知の自分がたくさんあると感じているのです。今、最後の力を振り絞って私がしたいのは、あなたとの対話です。人生の中で、いつも私と共にあったのは言葉でした。私が言葉によって支えられてきたように、迷い傷ついたあなたへ、私の最期の言葉を伝えたいのです。(本書より抜粋)2017年7月18日この世を去られた日野原重明さん。2016年年末からはじまった本書のインタビューは、亡くなる直前まで、時にはベッドに横たわりながら20時間以上行われました。言葉を軸にしながら、死と生、病と健康、出会いと別れ等々、人生の深淵について語ります。【本書の内容】第1章 死は命の終わりではない第2章 愛すること第3章 ゆるすことは難しい第4章 大切なことはすぐにはわからない第5章 未知なる自分との出会い



生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉詳細はコチラから



生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉


>>>生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉」は手軽に持ち運べるスマホやノートブックで読むのが便利です。ほんの少しだけ試し読みが可能なので、それ次第でその漫画を読むかを決めるという方が多いみたいです。
BookLive「生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉」で漫画を手に入れれば、自分の家に本棚を用意するのは不要になります。加えて、新刊を買うために書店に足を運ぶのも不要です。このような利点から、利用者数が増えつつあるのです。
マンガの売れ上げは、残念ながら下降線をたどっている状況なのです。似たり寄ったりな営業戦略は見直して、料金の発生しない無料漫画などを展開することで、利用者の増加を目論んでいます。
書店では、スペースの関係で陳列できる漫画の数が限られてしまいますが、BookLive「生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉」であれば先のような制約がないため、オタク向けのコミックも多いのが特徴でもあるのです。
無料電子書籍を上手に利用するようにすれば、暇で暇で時間を無為に過ごしてしまうなんてことがゼロになるはずです。仕事の休憩時間とか通勤途中などにおきましても、思っている以上に楽しむことができると思います。




生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉の情報

                    
作者名 生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉
生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉ジャンル 本・雑誌・コミック
生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉詳細 生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉(コチラクリック)
生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉価格(税込) 864
獲得Tポイント 生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉(コチラクリック)


ページの先頭へ