聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】無料サンプル&試し読み


思想家であり武道家の内田樹と、比較宗教学者で僧侶でもある釈徹宗が、日本人が失っている霊性を再発見すべく日本各地の「聖地」を旅する聖地巡礼シリーズ第4弾。最新の第4弾は、日本人にすら忘れかけられている長崎県「対馬」。福岡空港から空路で30分(100キロ)のところに対馬は位置する。人口3万2千人。この対馬こそ、日本の原点であり、日本人の源流の地といえる。日本書紀の「国生み」によれば伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の二柱の神は、大八島の国を次のように形成していった。淡路島→四国→隠岐島→九州→壱岐→「対馬」→佐渡島→秋津島(本州)。対馬は、その地理的な位置から、朝鮮との国境の島としての運命を担う。魏志倭人伝の最初に出てくる日本の地名が対馬である。今でも晴れた日には、対馬から釜山が見える。対馬と福岡は100キロだが、対馬と朝鮮半島は50キロ未満の近さである。対馬を訪れれば、韓国人のあまりの多さに驚愕するが、この近さを思えば、もっともことである。看板や値段は、日本語とハングル語がほとんど併記されている。ちなみに、携帯電話も場所によっては海外モードになってしまう。歴史上、いくつかの重要な戦場にもなった。白村江の戦い、元寇、日露戦争(当時は、バトル・オ・ツシマと呼ばれた)。にもかかわらず、朝鮮との友好な関係を築きあげてきた、外交能力。日本人の海民性を物語る。応神天皇、神功皇后をはじめ、数々の神話・伝説を生み出した古代の信仰。さまざまな形式の神社やご神木、ご神体が示す、日本人の信仰心の原点。神仏習合の上をいく、神仏キの習合。内田樹、釈徹宗の両著者は、まさに、日本人の霊性、心性の原点が、対馬から発せられていることを実感をこめてつづっていく。



聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】詳細はコチラから



聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】


>>>聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



CDを視聴してみてから買い求めるように、コミックも試し読みしたあとに買うのが普通になってきたと言えます。無料コミックにて、読みたかったコミックをチェックしてみて下さい。
休憩中などのわずかな時間に、無料漫画をさらっと見て自分に合いそうな本を見つけておけば、後ほど時間が作れるときにゲットして続きを満喫することも可能なのです。
大体の本屋では、陳列している漫画の立ち読み防止策として、ヒモでくくることが多いです。BookLive「聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】」を有効利用すれば試し読みというサービスがあるので、ストーリーを分かった上で買うかどうかを判断可能です。
コミックのような書籍を買う際には、中をパラパラめくって確かめてから判断する人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読み同様中身を確かめることができます。
昨今、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というプランが登場し注目されています。1冊いくらではなくて、月額いくらという販売方式を採用しているのです。




聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】の情報

                    
作者名 聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】
聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】ジャンル 本・雑誌・コミック
聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】詳細 聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】(コチラクリック)
聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】価格(税込) 1944
獲得Tポイント 聖地巡礼 コンティニュード 【電子限定 写真カラー版】(コチラクリック)


ページの先頭へ