なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのなぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。この作品は、子供のための「入門編」と「初級編」、大人のための「中級編」、「文学編」で構成されています。入門編は、易しい言葉を使って、低学年の小学生にもわかるような内容にしてあります。初級編は、高学年の小学生のための頭の体操や学習を兼ねた内容になっています。大人のための「中級編」には、私が日々感じることをエッセイ風に書き綴ったものも含まれています。最後の「文学編」だけは、英文学専門の私の勝手なイマジネーションを膨らませて三編だけ作ってみました。野口雨情物語は、富士山を眺めに日本平に行ったときに目にした子供の銅像の印象から、小泉八雲物語は、西洋化することによって、失われつつある「日本の心」を描いた八雲、彼のその描写が現代にも当てはまることから書きました。また、シェイクスピアは最も長く親しんだ作家なので、敬意を表して最後に配しました。既存の「なぞなぞ集」の中で私が目にしたものは、「問い」と「答え」という形で「だじゃれ集」のようなものでした。私の作品もこの「だじゃれ集」の域を脱していない感は拭いきれませんが、なんとか、ただの質疑応答ではないものにしようと、それを発展させた形で、なぞなぞを物語やエッセイの中に取り込んで作品を作り上げてみました。エッセイのほうは、筆者である私を「ムロウ氏」にして、勝手気ままなことを書かせていただいております。『お気に召すまま』というシェイクスピアの作品がありますが、この内容が「お気に召さない」場合は、ご容赦ください。最後に、だじゃれや軽口は人と人との人間関係の潤滑油であり、シェイクスピアの作品にこの「なぞなぞ的」要素がふんだんに取り入れられていて、これによって、「世界で最も優れた作家(の一人)」という評価を得ています。『なぞなぞ童話・エッセイ集』(心優しき人への贈物)が、未来ある子供たちや良識ある人びとに一服の清涼剤となることを願っております。



なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物詳細はコチラから



なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物


>>>なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



使っている人がいきなり増加してきたのが、このところのBookLive「なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物」です。スマホを使って漫画を読むことが可能なので、カバンに入れて本を持ち運ぶことも不要で、お出かけ時の持ち物を軽くできます。
最初に試し読みをしてマンガのあらすじをある程度理解してから、不安感を抱くことなく購読できるのがネット上で買える漫画の良い点と言っても過言ではありません。前もって内容を把握できるので失敗の可能性が低くなります。
BookLive「なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物」を読むなら、スマホが役立ちます。パソコンは重たいので持ち歩けないし、タブレットも電車やバスの中などでの閲覧にはちょっと不便だと想定されます。
老眼が進んだために、近くの物が見えなくなってきたという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍を閲覧することができるというのは画期的なのです。フォントサイズを自分用に調節できるからです。
スマホを使って電子書籍を手に入れれば、通勤途中や午後の休憩時間など、場所に関係なく楽しむことが可能だということです。立ち読みもできるようになっていますから、店頭まで足を運ぶなんて必要はないのです。




なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物の情報

                    
作者名 なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物
なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物ジャンル 本・雑誌・コミック
なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物詳細 なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物(コチラクリック)
なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物価格(税込) 324
獲得Tポイント なぞなぞ童話・エッセイ集 心優しき人への贈物(コチラクリック)


ページの先頭へ