二次元コミックマガジン 触手レズVol.1 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの二次元コミックマガジン 触手レズVol.1無料サンプル&試し読み


『触手の気持ちよさを教えてあげる……』美少女たちが背徳的なレズエッチと禁断の触手快楽に溺れてあられもない絶頂姿を曝け出す、女の子と触手オンリーのアンソロジー!●『魔法少女シャイニー・ブレイド』しーあーる魔王軍の女幹部は、宿敵の魔法少女シャイニー・ブレイドに幾度となく敗戦してきた。しびれを切らした魔王はエナジードレイン能力を持つゴーレムを女幹部に遣わし、シャニー・ブレイドは魔力を奪われて成すすべもなく敗北してしまう。さらにゴーレムに丸呑みされ極太触手の二本刺しを受け、蕩け顔で絶頂してしまう。勝利を確信した女幹部だったが、ゴーレムは彼女までも丸呑みにし、シャイニー・ブレイドとともに触手姦の快楽地獄を味わわせていく。豊かな乳房を押し付け合い、触手で繋がりあって喘ぎまくる魔法少女と女幹部の運命は――!?●『純身綺装イノセントメモリア』るいす・まくられん『無垢なる少女・イノセントメモリア』に変身するリノとマチは、二人で異形の怪物と戦う日々を送っていた。しかしリノはいつしか親友に想いを寄せ、邪な感情を抱いたまま変身した結果、無数の触手が生えた異形の姿になってしまう。欲望のままに暴走するリノは、親友の変身装束をはだけさせ巨乳を揉みしだき、膣内に極太の触手を突き入れて蹂躙していく。それでもマチはリノの想いを受け入れ、二人がラブラブな触手レズセックスに身を委ねていったとき奇跡が起き――。●『怪物の瞳』長代ルージュ新入生・鎧坂の手腕により、その年の物理部は女子校初の学生ロボット大会優勝をなしとげた。部長の若水は、常に人を寄せ付けようとしない鎧坂と仲良くなりたい一心で部室で二人きりになった時にコミュニケーションを試みるが、強く拒絶されたうえに、機械触手で拘束されてしまう。鎧坂は「仲良くなりたいならこれくらいできますよね」と先輩の秘部を触手で愛撫しながらクンニを要求する。鎧坂の瞳が映す真実を知りたい若水は、後輩の求めを受け止めどんどんエスカレートしていくレズ責めに嬌声を上げてしまい……!?●『こいのおまじない』成海優女生徒会長の館山美咲は、生徒がたて続けに学校を休んでいる原因について、後輩の七海と共に調査に乗り出す。しかし、聞き込みの途中、生徒会長は後輩が呼び出した触手型の怪物に捕らえられてしまう。七海は大好きな先輩を独り占めにしようと、大量の触手を使い美咲の秘部を愛撫する。生徒を人質に取られた生徒会長は抵抗もできず、歪んだ愛の快楽責めを必死で耐える。その姿を前に、七海は一晩中触手漬けにして放置する手段を思いつき……。表紙:neropaso



二次元コミックマガジン 触手レズVol.1無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


二次元コミックマガジン 触手レズVol.1詳細はコチラから



二次元コミックマガジン 触手レズVol.1


>>>二次元コミックマガジン 触手レズVol.1のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



以前は単行本を購入していたという方も、電子書籍を試した途端に、便利さに目覚めるということがほとんどらしいです。コミックサイトも数多く存在しているので、必ず比較してから選択してください。
本のネットショップでは、概ね表紙とタイトルにプラスして、ちょっとした話の内容しか確認できません。しかしながらBookLive「二次元コミックマガジン 触手レズVol.1」だったら、何ページ分かは試し読みで確認できます。
カバンの類を持ち歩くことがないという男の人にとって、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは画期的です。言うなれば、ポケットの中に入れて本を持ち歩けるわけなのです。
コミックサイトは色々な企業が運営しています。それらのサイトを可能な限り比較して、自分に合っているものを絞り込むことが大切です。そうすれば後悔することもなくなります。
BookLive「二次元コミックマガジン 触手レズVol.1」が30代・40代に受けが良いのは、若かったころに読みふけった漫画を、改めて容易に読むことが可能であるからなのです。




二次元コミックマガジン 触手レズVol.1の情報

                    
作者名 二次元コミックマガジン 触手レズVol.1
二次元コミックマガジン 触手レズVol.1ジャンル 本・雑誌・コミック
二次元コミックマガジン 触手レズVol.1詳細 二次元コミックマガジン 触手レズVol.1(コチラクリック)
二次元コミックマガジン 触手レズVol.1価格(税込) 648
獲得Tポイント 二次元コミックマガジン 触手レズVol.1(コチラクリック)


ページの先頭へ