かーそる 2017年7月号 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのかーそる 2017年7月号無料サンプル&試し読み


知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の第二号です。目次■特集:執筆の動機と道具 前半・ポメラを九年使って、僕が考えたこと(Hibiki Kurosawa)・たくらみの暖炉(いっき)・心地よく書くために。書きだす前にできるちょっとした工夫。(ruu_embo)・「書く」の向こうに待つもの(choiyaki)・文章スケッチを楽しむ(Go Fujita)・効率的に文章を書く方法(倉下忠憲)・黒歴史は動機だったのか道具だったのか(Tak.)■インタビュー:シェイクとスイングの向こう側へ■特集:執筆の動機と道具 後半・書く。整える、共感。(ruu_embo)・微小パルスの水路(いっき)・道具にひきだされる「こだわり」の味わい(choiyaki)・道具としての雑多、動機としての雑多(Tak.)・シンプルは武器になる(Go)・テレビのようなメカニズム(Hibiki Kurosawa)■執筆の現象学(倉下)■ひびきあい・境界のない議論 はじめに(Go)]・「かーそる」読書日記(7) Go Fujitaさんの章 子どもの知的生産の技能を,学校,家庭,地域社会で育てる(Lyustyle)・忘れてしまうぼくたちが忘れないために(Go)・境界のない議論 さぁしごとしよう(Go)■コラム・アルテさんのブックガイド 『思考のエンジン』(倉下)・「万年筆インク紙」片岡義男 (ruu)・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go)■巻末のあれこれ・≪刺激剤としての読書案内≫・≪執筆者一覧≫・≪Editor's sound≫



かーそる 2017年7月号無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


かーそる 2017年7月号詳細はコチラから



かーそる 2017年7月号


>>>かーそる 2017年7月号のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



人気のタイトルも無料コミックを介せば試し読みが可能です。所有しているスマホで読めるわけですから、家族には黙っていたいとか見られたくない漫画も隠れて楽しめるのです。
「連載物として売られている漫画が読みたい」という人には不要だと思われます。だけど単行本が発売されてから購入するという利用者にとっては、前以て無料漫画で中身をウォッチできるのは、非常に有益です。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題であれば、どれほどにいいだろう」という漫画好きの声からヒントを得て、「月額料を支払えば都度の支払いは必要ない」という形式の電子書籍が生まれたのです。
本の購入代金というものは、1冊ずつの単価で見れば安いと言えますが、読みたいだけ購入していれば、月単位の合計金額は大きくなってしまいます。読み放題だったら月額の利用料金が定額なので、書籍代を節減できるというわけです。
販売から年数がたった漫画など、書店では取り寄せてもらわなければゲットできない本も、BookLive「かーそる 2017年7月号」としてバラエティー豊富に取り扱われているので、いつでも買って楽しめます。




かーそる 2017年7月号の情報

                    
作者名 かーそる 2017年7月号
かーそる 2017年7月号ジャンル 本・雑誌・コミック
かーそる 2017年7月号詳細 かーそる 2017年7月号(コチラクリック)
かーそる 2017年7月号価格(税込) 799
獲得Tポイント かーそる 2017年7月号(コチラクリック)


ページの先頭へ