ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム無料サンプル&試し読み


なぜあの商品は売れなかったのか?世界の経営思想家トップ50(Thinkers50)連続1位。「破壊的イノベーション論」の提唱者、クリステンセン教授による、待望の最新刊!顧客が「商品Aを選択して購入する」ということは、「片づけるべき仕事(ジョブ)のためにAを雇用(ハイア)する」ことである。『イノベーションのジレンマ』の著者による、21世紀のベスト・オブ・ビジネス書!イノベーションの成否を分けるのは、顧客データ(この層はあの層と類似性が高い。顧客の68%が商品Bより商品Aを好むetc)や、市場分析、スプレッドシートに表れる数字ではない。鍵は「顧客の片づけたいジョブ(用事・仕事)」にある。世界で最も影響力のある経営学者クレイトン・クリステンセンが、人がモノを買う行為そのもののメカニズムを解き明かす、予測可能で優れたイノベーションの創り方。・顧客が商品を買うこととは、片づいていない「ジョブ(用事・仕事)」を解決するために何かを「雇用」することである。・ビッグデータは顧客が「誰か」を教えてくれても、「なぜ」買うのかは教えてくれない。・数値化できない「因果関係」にこそ、成功するイノベーションの鍵がある。・自社製品も他社製品も買っていない「無消費者」を取り込め。[本書で取り上げる事例]イケア、ゼネラルモーターズ(GM)、サザンニューハンプシャー大学、プロクター&ギャンブル(P&G)、エアビーアンドビー、アマゾン他



ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム詳細はコチラから



ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム


>>>ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズムのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍を購入するというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れるということを意味するのです。サービス提供が終了してしまったら利用できなくなりますから、念入りに比較してから信頼に足るサイトを見極めることが大事です。
普段使っているスマホに全ての漫画を保存すれば、しまう場所について気に掛けることがなくなります。一度無料コミックから目を通してみてください。
利用者数がどんどん増えているのがスマホで読めるコミックサイトです。これまでは「漫画は本という形で買うもの」という人が大部分でしたが、電子書籍の形態で買って見るというユーザーが増えつつあります。
「ある程度中身を知ってから買い求めたい」と考えている方にとって、無料漫画というものは悪いところがないサービスに違いありません。運営側からしましても、利用者数増加に結び付くわけです。
スマホを使って読む電子書籍は、ご存知かと思いますが表示文字のサイズをカスタマイズすることができるため、老眼に悩む高齢の方であっても問題なく読めるというメリットがあると言えます。




ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズムの情報

                    
作者名 ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム
ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズムジャンル 本・雑誌・コミック
ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム詳細 ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム(コチラクリック)
ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム価格(税込) 2052
獲得Tポイント ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム(コチラクリック)


ページの先頭へ