メディアと文学はどこへ行くのか 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveのメディアと文学はどこへ行くのか無料サンプル&試し読み


トランプ大統領就任やBrexit、移民vs極右、欧州のテロ事件など、ウエルベックやエーコが描きそうな予言的世界が現実化し、AI(人工知能)が書いた短編小説が発表され、WELQ問題に始まるネット記事の信憑性から既存メディアへの不信感まで一気に噴き出した2016年。メディアと文学の未来と、新しい融合関係は今後どう進むのか?『服従』『ヌメロ・ゼロ』『コンビニ人間』『ジニのパズル』『岩場の上から』といった重要作品や世界のリアルニュースを取り上げながら、その未来を語り合う。2017年からの新視点がここに。<目次>1 トランプ以後、世界は変わった・フィクションが、リアルに、えげつなく出現し始めた「トランプ以後」・小説が描いてきた「シニシズム」がベタになった・何周か回ったあとの「太宰、いいよね」・なんでもありの“リアル”をどう描くか・『コンビニ人間』は、暴走するAIか、普通に働く現代人か2 AIが書く小説はつまらないけど、代替可能な記事はすでにある・キュレーションメディアはAIに任せていいのかも・世界で盛り上がる「国家論」「独立論」とフィクションのリンク・「面白ければいい」と「オブ・ザ・デッド」の更新は文芸でも・小説のメインストリームはいま何なのか3 信頼が失墜した“お利口さんマスメディア”の行方・既存メディアの信頼性はガタ落ち・“信じたい情報”と“信じられる情報”を求めて・情報の短絡化に飽き、複雑さへ回帰する人々4 宮崎駿とジョン・ラセターの違いからわかること・「不死の存在」と「継承」は違う・小説は絶滅危惧種のように見えるけれども・日本人の無自覚で無垢な“排他性”の恐ろしさ※本作品は、幻冬舎plusに掲載された「新春対談3」(2017.1.25~2.18)の全4回をまとめたものです。



メディアと文学はどこへ行くのか無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


メディアと文学はどこへ行くのか詳細はコチラから



メディアと文学はどこへ行くのか


>>>メディアと文学はどこへ行くのかのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



幼い頃に繰り返し読んだ懐かしい漫画も、BookLive「メディアと文学はどこへ行くのか」という形で読めるようになっています。地元の本屋では買うことができないようなタイトルもラインナップされているのがセールスポイントだと言っても良いでしょう。
「比較しないまま選定してしまった」と言う人からしたら、無料電子書籍はどこも変わり映えしないという考えをお持ちなのかもしれないですが、サービスの詳細に関しては提供会社によって異なりますから、比較&検討することは重要です。
小さい頃から単行本を購読していたとおっしゃる方も、電子書籍に乗り換えた途端に、その利便性に驚かされるということが多いのだそうです。コミックサイトもいろいろとありますから、必ずや比較してから選択してください。
1ヶ月分の料金を支払えば、色んな種類の書籍を好きなだけ閲覧できるという読み放題コースが電子書籍で大人気です。一冊ずつ購入しなくて良いのが人気の理由です。
話題の無料アニメ動画は、スマホでも見られます。以前に比べて中高年層などのアニメファンも増加傾向にありますので、これからより一層進化・発展していくサービスではないかと思います。




メディアと文学はどこへ行くのかの情報

                    
作者名 メディアと文学はどこへ行くのか
メディアと文学はどこへ行くのかジャンル 本・雑誌・コミック
メディアと文学はどこへ行くのか詳細 メディアと文学はどこへ行くのか(コチラクリック)
メディアと文学はどこへ行くのか価格(税込) 378
獲得Tポイント メディアと文学はどこへ行くのか(コチラクリック)


ページの先頭へ