東芝 原子力敗戦 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの東芝 原子力敗戦無料サンプル&試し読み


身も心も会社にささげる「サラリーマン全体主義」が企業を滅ぼす。「東芝原子力事業の暴走と、それを糊塗するためにほぼ全事業部で行われた粉飾には、何千人もの東芝社員が関わった。(中略)まさに「滅私奉公」「全社一丸」だ。そのやり方では、もはやグローバル競争に勝てないことを、我々は知っている」(エピローグより)社内で経営陣が交わした粉飾メールをはじめ、数々の内部資料をもとに東芝を追及してきたジャーナリストによる決定版。●目次●第1章 原子力ルネサンス「テレビやスマホの代わりに原発を輸出すればいい」という経産省の思惑。それに乗った東芝・西田厚聰社長には経団連会長への野心があった。第2章 東日本大震災次々と水素爆発を起こす福島第一原発。メーカーとして最大の危機を迎えてなお「原発輸出」にまい進する佐々木則夫社長を支えた一人の男。第3章 粉飾決算(2013年~2014年)買収した米原発機器大手・ウエスチングハウスの減損を隠すため、巨額の粉飾に走る幹部。社内を飛び交うメールからは粉飾指南役の陰も。第4章 破滅への道程(2015年~2017年)第二の減損発覚で追い詰められた東芝。優良事業の売却を繰り返し、残るのは原発事業のみ。倒産の危機に。第5章 原発ビジネスの終焉(1956年~2017年)「国策」への協力を決断したかつての東芝社長、土光敏夫と現経営陣の違いは何か。第6章 東芝が消える日(2017年~)原子力業界には東電を頂点とするヒエラルキーがあり、東電は「東電の正妻」と言われていた。東芝の命運を握る東京電力で、いま何が起こっているのか。



東芝 原子力敗戦無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


東芝 原子力敗戦詳細はコチラから



東芝 原子力敗戦


>>>東芝 原子力敗戦のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



評判の無料コミックは、タブレットなどで読めるのです。出先、昼食後、病院や歯医者などでの順番が来るまでの時間など、何もすることがない時間に簡単に読むことができます。
このところスマホを使用して楽しめるアプリも、更に多様化しています。無料アニメ動画はもとより、無料電子書籍やスマホで楽しめるゲームなど、多種多様なサービスの中からチョイスすることができます。
「アニメに関しては、テレビで視聴可能なもの以外見ていない」というのは前時代的な話かもしれません。なぜなのか言えば、無料アニメ動画をオンラインで見るというスタイルが主流になりつつあるからです。
スマホを使えば、BookLive「東芝 原子力敗戦」を気軽に読めます。ベッドで横になりつつ、眠りに就くまでのリラックスタイムに閲覧するという人が多いと聞いています。
月額が決まっているサイト、登録をせずに利用できるサイト、1冊単位で支払うタイプのサイト0円の本が山のようにあるサイトなど、コミックサイトも諸々違いがありますから、比較していただきたいですね。




東芝 原子力敗戦の情報

                    
作者名 東芝 原子力敗戦
東芝 原子力敗戦ジャンル 本・雑誌・コミック
東芝 原子力敗戦詳細 東芝 原子力敗戦(コチラクリック)
東芝 原子力敗戦価格(税込) 1300
獲得Tポイント 東芝 原子力敗戦(コチラクリック)


ページの先頭へ