神経内科へ来る人びと 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの神経内科へ来る人びと無料サンプル&試し読み


“脳”を抱えた珍妙な患者さんが訪れる不思議な診察室 偏頭痛・パーキンソン病・失語症・脳梗塞・ヘルペス脳炎など、さまざまな症状の人びとが訪れる神経内科。脳や神経の治りにくい病気で悩みを抱える患者に、どう説明しようか、どう慰めようか…。患者さんが単にドアを開け、診察室の中に入るという動作なのにドラマを感じてしまう。薬の効きがいいときは、さっと入ってくるので、それで状態がだいたいわかるのだ。 大学病院の「神経内科」、患者さんとのやりとりを記録した痛快エッセイです。●米山公啓(よねやま・きみひろ)1952年山梨県生まれ。作家、医学博士、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業、聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を1998年2月に退職。本格的な著作活動を開始。現在もあきる野市の米山医院で診療を続けながら、医学ミステリー、小説、エッセイ、医療実用書など、280冊以上を上梓。テレビ・ラジオ番組の監修・出演をこなし、講演会も全国で行なっている。



神経内科へ来る人びと無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


神経内科へ来る人びと詳細はコチラから



神経内科へ来る人びと


>>>神経内科へ来る人びとのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



無料コミックだったら、検討中の漫画の冒頭部分を試し読みで確かめることが可能です。決済前に内容を大雑把に確かめることができるので、非常に便利だと言えます。
電子書籍も本屋で売られている本と同じように情報そのものが商品であるわけなので、自分に合わない内容でも返品することは不可能となっています。だから面白いかを確認するためにも、無料漫画を読む方が良いでしょう。
本や漫画類は、本屋で中身を見て購入するかしないかを決定する人が多いようです。ただし、最近ではBookLive「神経内科へ来る人びと」にて1巻を購入し、その本を購入するか決める方が増えているようです。
コミックサイトも数多くあるので、比較検討して一番自分に合うと思うものをチョイスすることが大切になります。というわけで、先ずは各サイトの特性を認識することから始めましょう。
漫画と言うと、「若者を対象としたもの」だと思い込んでいるかもしれないですね。ですが昨今のBookLive「神経内科へ来る人びと」には、40代以降の方が「懐かしい」という感想を漏らすような作品も多く含まれます。




神経内科へ来る人びとの情報

                    
作者名 神経内科へ来る人びと
神経内科へ来る人びとジャンル 本・雑誌・コミック
神経内科へ来る人びと詳細 神経内科へ来る人びと(コチラクリック)
神経内科へ来る人びと価格(税込) 378
獲得Tポイント 神経内科へ来る人びと(コチラクリック)


ページの先頭へ