苦汁100% 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの苦汁100%無料サンプル&試し読み


本当に大切なことは書かないし、書けない。だから、書く。楽しい。恐い。売れたい。嬉しい。悔しい。やりたい。ロックバンド・クリープハイプのフロントマンであり、初小説『祐介』が話題をさらった作家・尾崎世界観が赤裸々に綴る、自意識過剰な日々。――某月某日テレビに出ると相変わらずネットでは批判が噴き出す。コイツ喘ぎ声だしてるだけだろう。喘ぎ声で商売してるって凄い世界観だな。こんなようなことを書かれていた。よっぽど燗にさわるんだろう。(ポンポン。癇に障る音。)某月某日いつも通っているあの本屋へ。「祐介」がどこに置かれているかの確認へ。前は3冊、サブカルコーナーにぽつんと置かれていた。でも、テレビや雑誌で何度か取り上げて貰った今なら、きっと。そう信じて見たけれど無い。文芸のコーナーに置いていない。サブカルコーナーを見てみると前よりも増えている。おまけに奥の人気の無い音楽書籍コーナーにも追加で大量に並んでいて、絶対に文芸と認めないという書店の意地を感じた。ドラフトで、巨人に行きたいのにオリックスに指名されたら、こんな気持ちになるのかなぁと思った。某月某日ライブ本番、今日もアナウンスで冒頭から盛り上がる。細かいミスも気にならない。嫌、本当は気になったけれど、それ以上に良い空気が流れている。お客さんが楽しそうで、そこに答えが見えているから安心出来る。今日も男子が多い。嬉しくなって、「男子」「男性」「男の人」「オス」 「メスじゃない方」と完全に贔屓したコールアンドレスポンスをした。それに対する圧倒的な数の女子からの批判。「女子もやって」という声に対して「だって女子は、ヤッたら終わっちゃうじゃないか」と言ったらもの凄く変な空気になった。某月某日夜は皆と飲んでホテルへ。風呂にも入らず、就寝♪就寝♪(あのCMの救心♪救心♪のイメージで)



苦汁100%無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


苦汁100%詳細はコチラから



苦汁100%


>>>苦汁100%のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



シンプルライフという考え方が世間に賛同されるようになったここ最近、本も書物形態で持たずに、BookLive「苦汁100%」を使って読むようになった人が多くなったと聞いています。
漫画や本は、お店で触りだけ読んで買うかどうかをはっきり決める人ばかりです。しかし、今日ではBookLive「苦汁100%」のサイトで冒頭部分だけ読んで、その本を購入するのか否かを決定するという方が増えつつあります。
BookLive「苦汁100%」はスマホなどの電子機器やiPadで見ることができます。ほんの少しだけ試し読みができますから、その結果次第で本当にそれを買うかどうかの判断を下す方が増えているとのことです。
子供の頃に読みまくっていた思い入れの強い漫画も、BookLive「苦汁100%」という形でDLできます。小さな本屋では置いていないような作品も豊富にあるのが特長だと言えるのです。
長く続く漫画はかなりの冊数を購入しないといけないため、とりあえず無料漫画で立ち読みするという方が増加傾向にあります。やはり表紙だけみて購入するかどうか決めるのは難しいのでしょう。




苦汁100%の情報

                    
作者名 苦汁100%
苦汁100%ジャンル 本・雑誌・コミック
苦汁100%詳細 苦汁100%(コチラクリック)
苦汁100%価格(税込) 1000
獲得Tポイント 苦汁100%(コチラクリック)


ページの先頭へ