藤沢周平伝 電子書籍 ストア ブックライブ 無料

BookLiveの藤沢周平伝無料サンプル&試し読み


元山形新聞記者が『ひさし伝』(新潮社)に続き、「東京に住んでいながら顔はいつも山形のほうを向いています」と藤沢周平自身が語る、その山形にスポットを当て、69年の人生を辿った独自の伝記。市井に生きる人々に注がれるやさしいまなざし、忘れられかけている日本の原風景の再現、端正で清冽な詩情あふれる文章などの魅力で、今なお人気の高い作家の人生が、これまでと一風異なる視点から浮かび上がってくる。山形新聞での井上ひさしとの対談、東京の冬と比較した寄稿など、単行本未収録の作品も紹介されており、丹念な調査から、藤沢周平の「自慢はしない」「普通が一番」という人生哲学が描かれていく。旧制中学に通いながら文選工として働き、山形師範学校卒業後中学校へ赴任するも、肺結核に罹り東京で療養。退院後は業界新聞を転々としながら小説家への志を抱き続け、ようやく生活が安定するも妻が癌で他界、昭和46年、44歳でようやく「溟い海」でオール讀物新人賞、同48年「暗殺の年輪」で第69回直木賞を受賞し、人気作家になる様子や、『たそがれ清兵衛』『蝉しぐれ』といった名作の背景も詳細に明かされていく。藤沢ファンは必携の一冊だろう。



藤沢周平伝無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


藤沢周平伝詳細はコチラから



藤沢周平伝


>>>藤沢周平伝のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



講読者数の伸び悩みが指摘される昨今ですが、電子書籍は画期的な仕組みを提案することにより、新規ユーザーを増加させています。昔は考えられなかった読み放題プランがそれを実現させました。
BookLive「藤沢周平伝」の販促方法として、試し読みができるという仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。時間に縛られず物語の内容を確認することができるので、暇にしている時間を賢く利用して漫画をセレクトできます。
シンプルライフというスタンスが数多くの人に広まってきたと言える今現在、本も冊子本という形で所持することなく、BookLive「藤沢周平伝」を通して愛読するという人が多くなったと聞いています。
「電車の中でも漫画が読めたらいいな」と言われる方にピッタリなのがBookLive「藤沢周平伝」だと思います。その日に読みたい本をバッグに入れておくのが不要になるため、バッグの中身も軽量になります。
コミックサイトも非常にたくさんあるので、比較検討して自分の考えに合うものを選定することが重要です。なので、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを把握することが欠かせません。




藤沢周平伝の情報

                    
作者名 藤沢周平伝
藤沢周平伝ジャンル 本・雑誌・コミック
藤沢周平伝詳細 藤沢周平伝(コチラクリック)
藤沢周平伝価格(税込) 2592
獲得Tポイント 藤沢周平伝(コチラクリック)


ページの先頭へ